ムーンフェイスを解消したい!原因はステロイドの量なの?

にっくきムーンフェイスを解消したい!!

ステロイドを服用しているSLE患者さんだったら、誰もが望む願いではないでしょうか?多分に漏れず、私もその中の一人です!

しかし、ネット上で解消法を探してみても、どれも「薬の量を減らせば元に戻ります」ばっかり!誰もそんなことは聞きたくないのです!

スポンサーリンク




SLE(全身性エリテマトーデス)という病気は主にこれから子供を産もうという20~40代の女性が、様々な原因をきっかけに、発症してしまう難病のひとつです。

治療の為には、ステロイドという副作用の強い大量に薬を飲むことが特効薬とされています。

しか~し!

その副作用が女性にとっては曲者なんです!『体の中心部分に脂肪がつきやすい』というものがあるのですが、その中でも、特に顔全体が丸くなってしまう

ムーンフェイス

という副作用です。

これは薬を大量に飲んでいる限りは、どうにもならない副作用です。

今回は、もうSLE歴20年選手になろうとしている私が、にっくきムーンフェイスと戦い続けて、少しでも改善できるように実践してきた方法をお話していきますね~!(^^)!

奇跡の特効薬ステロイドの『あっ!』と驚く効果実例

SLEの特効薬ステロイド錠剤

先ずはムーンフェイスになってしまう原因であるステロイドについて調べてみました。今更!という感じなのですが…長年この薬を飲んでいた割には、意外と詳しく知らなかったんだなぁ、と思うことが一杯あったんです!

ステロイドといえば、一般的にはアトピーに使う塗り薬または、花粉症の時の特効薬としてよく知られているステロイド注射なども有名かもしれません。

ステロイドの一般的な知識や、花粉症に効くステロイド注射については…花粉症の季節!ステロイド注射の副作用って怖いの?をご覧頂くこととして…

ステロイドがどんなに凄い奇跡の薬なのか、ということを簡単に説明するのに、こんな面白い実例があるんです。


ステロイドが開発された当初は『奇跡の薬』と言われていました。
重度のリウマチ患者さんに、大量ステロイドを使用したら、翌日にはダンスが出来るまでに回復した…という事実です。

リウマチといったら、あちこちに痛みが発生して歩くことも困難となる病気です。ダンスが出来るようになるなんて、びっくりですよね(笑)それほどまでに即効性のある薬なんですが、女性にとっては外見的にとっても辛い副作用が沢山あります。

特に気になるものは

  • ムーンフェイス(満月様顔貌)や、顔面紅斑(顔がお月さまのようにまん丸くなってしまったり、皮膚が薄くなって毛細血管が目立ち頬が赤くなる症状)
  • 中心性肥満(体の真ん中部分に脂肪がつきやすくなる症状)
  • 野牛肩・バッファロー肩(首の根元から肩にかけて盛り上がるように脂肪がつきやすくなる症状)
  • 決して激太りしているわけではないのに、顔や上半身だけの写真を見ると物凄く太っているように見えます(/_;) 今より体重が少なかった時に、退院したての頃の免許証の写真は顔だけがバーンと凄い状態の時がありました(笑)

    私は、初めにお伝えしたようにステロイドを飲み始めて(病気になってから)もう20年近く経っているので、この症状ともうまく付き合っていけるようになってはいます。

    でも、初めの頃は、外見が思いっきり変わってしまうことに対して、気持ちの折り合いをつけるのに物凄く辛い日々を過ごしました。でも、若い時は薬の量が減れば元に戻るんだよね?と軽い気持ちでいられたものです。

    でも、実際問題、ステロイドの量が減ったとしても完全にムーンフェイスが治ることはなく…せっかく薬の量が減った!バンザイ!

    …と思った矢先に病気が再燃、またステロイドの量を増やされる…この繰り返しで、中々ムーンフェイスがなくなる基準までステロイドの量を減らすことが出来ないのです!

    人間顔じゃないよ、心だよ、とはよく言ったものですが……(笑)

    ステロイドのせいで脂肪の付いてしまう顔や身体を、なんとかしたくて…どんなに頑張って運動をしたり食事制限をしても副作用で脂肪の付いてしまう部分は、どうにも解消できないんですから。

    では、どうしてステロイドはこんなつらい症状を生み出してしまうんでしょうか?

    恐怖の薬ステロイド!ムーンフェイスになってしまう原因とは?

    月

    真ん丸なお月さま、見ているだけなら綺麗ですけどね(笑)自分の顔が、それほど太ってもいないのにこんな風に真ん丸になることを想像してみて下さい、女性であれば耐えられない屈辱でしょう。

    周りの人は薬のせいだなんてわからないんですから…何度、薬の副作用なんだ!ステロイドの量が多すぎるからなんだ!って叫びたい気持ちになったかわかりません!

    こんなひどい仕打ちをするステロイドでも、SLEにとっては特効薬なんですから簡単には量を減らすことは出来ませんし、当然やめられません。

    では、ステロイド特有のこの副作用はなぜ起きてしまうのでしょうか?

    ステロイドは元々人間の体の中で生成される物質です。脳からの指令により、副腎の外側から分泌されるようになっています。

    SLEは何らかのきっかけによりステロイドが分泌されなくなってしまう為に、外からそれを補う形で薬を飲むんですね。

    そして、様々な副作用を生むステロイドですが、脂質の代謝やタンパク質の代謝に異常をきたしてしまうのです。

      ●脂質代謝異常 脂肪分解を促進する働きがあるため、一見太りにくくなるんじゃないの?と思われがちですが、脂質異常の為に体脂肪の分布を変えてしまうので、普通では付きにくい、顔、肩、お腹などに集中して脂肪をつけてしまうのです。

      その分、手足には脂肪がつかないというアンバランスな脂肪沈着になってしまいます。

      ●タンパク質代謝異常 体の中でタンパク質を構成するのを抑制してしまう為に、本来タンパク質によって作られる筋肉や骨の形成に異常をきたしてしまう為に筋肉の萎縮や骨粗しょう症などを招きやすくなってしまいます。

    ステロイドのこのような働きにより、副作用であるムーンフェイスや筋肉萎縮が起こってしまうんですね。

    このような症状は、確かに薬の量が減ってくると元に戻るとは言われていますが、筋肉や骨に異常をきたしたものは、恐らく元に戻すのは難しいのでは?と感じますね…。

    次からは私が実践している方法を交えながら、ムーンフェイスを解消し小顔になる為の効果的な方法をご紹介していきます!

    スポンサーリンク


    ステロイドの副作用に負けるな!ムーンフェイス解消!小顔実戦編

    美顔を目指す猫

    猫のまんまる顔は癒されますよねぇ、特にこの猫の可愛さと言ったら!(笑)ステロイドのせいでムーンフェイスになってしまっても諦めさえしなければ希望の光は見えてきます!(`´)

    何もしないでいればそのままですし、何とか小顔になりたい!と現在のあなたから逃げずに毎日鏡を見続けながら願うだけでも、心の中の潜在意識に伝わるものだと信じています。

    こういう時はメンタル面を鍛える為にもあなたのセルフイメージを変えていくことはとても重要な事ではないでしょうか?

    色々調べてみて小顔になる方法として有効だと感じたのは、美顔ローラーをコロコロしながらリンパマッサージ、中心性肥満・野牛肩解消に有効だと感じたのは糖質オフの食事(特に脂質に重点を置く)、有酸素運動・腹筋運動です。

    一つずつ見ていきましょう。

    美顔ローラーを侮るなかれ!毎日のコロコロで未来が変わる

    病気になる前の顔と比べ、全く印象の違う顔を見ていると暗くなってしまう気分は否めませんが、私は諦めたくありませんでした。

    ステロイドの量が10mm(約2錠)まで減ってくると、多少の希望が持てるのですが、それ以上の量を飲んでいると、中々副作用を抑えることが難しいです。

    また、例え2錠に減らせたとしても、即座にムーンフェイスが解消されるとは限らないのです。

    現在、私が飲んでいる量は12mmです。症状が悪化すると、大体20mm以上に増やされてしまいます;初めて入院した時は、なんと!60mmも飲んでいたんです。もうその時は、とても外を歩けないと思うほどにパンパンになってました…(/_;)

    顔の筋肉は使っていないと衰えてくる、というのは有名な話ですよね。仕事では笑顔でいることが多いので、筋肉使ってるよな~と思っても、やはりそれだけでは足りないのです。

    なので、シャワーを浴びた後の肌が柔らかくなっている時や寝る前などに、コロコロ美顔ローラー
    などを使って、頬や顎下部分を重点的にコロコロするといいのです!

    また、むくみ解消の時にマッサージがいいと知ったので、それを顔にも応用して実践しています。

    >>むくみを解消したい!簡単で効果的な3つの方法とは?<<

    小顔になる為のリンパマッサージで、とてもわかりやすい動画を見つけました!

    お風呂上りなどにやると、さらにリンパが流れやすくなっておすすめです!

    私はムーンフェイスのせいなのか…歯医者に行った時に口を大きく開けられてないと言われました。(どうやら顎関節症のようでした…)

    その時に教わったのもやはりマッサージで、こめかみから耳の前、耳下のリンパ腺の辺りを何度かさすったり揉んだりするようにするのです。

    たかがこれだけのことですが、物凄く痛くて!!!!いかに今まで放置していたのかと思い知らされた瞬間でした。それ以降毎日、マッサージは欠かさず口を大きく開けて閉じる、という動きを30回繰り返しています。

    これは、口を大きく開けられるための訓練ですが、小顔効果もありそうな気がしています。以前は笑った時に口元に違和感があったのですが、今は大きく開けて笑えてるような気がするんです。

    笑顔を作る時のトレーニングとして『ワ・イ・キ・キ』『ウ・イ・ス・キー』などとゆっくり言ってみる方法があるのですが、それもよくやっています。

    これ、簡単なトレーニングなのに笑顔の練習にもなるし顔の筋肉もほぐれ、口元がスッキリするという…一石二鳥の方法なんですよ♪

    これを続けていると、日ごろ顔の筋肉が固いなぁ、口角が上手く上がらないなぁ…という症状も、徐々に改善していきました。

    脂肪を落としたければ脂肪を避けずにたっぷり摂る

    このブログでオススメしている食事法は『糖質オフ』の食事法です。私の場合は、糖質制限でもMEC寄りに近い食事法なんですが、MEC食を更にストイックにした食事法に『ケトプロ食』というものがあります。

    バターをたっぷり摂って脂肪を落とすケトプロ食とは?

    このケトプロ食は主食にバターを摂りましょう、というほどに脂質の存在を重要視しています。

    そしてステロイドの副作用の一つに「タンパク質代謝異常」がありましたよね?これを少しでも防ぐ効果があるかなぁ、と思って時々代謝UPで美ボディメイク ジェシカズ・フォーミュラを飲むようにしています。

    プロテインと言っても色々あって、初めはホエイプロテインという牛乳から乳清タンパク質を取りだしたプロテインを飲んでいたのですが、そのうちソイプロテイン(大豆プロテイン)の方が合っているかなと思って切り替えました♪





    プロテインはとかく無味なので飲みにくいものなんですが、ジェシカズ・フォーミュラであれば、アサイー&ミックスベリー味なので、プロテインを飲むのが初めて…という女性でも抵抗なく飲めるんです。

    専用のシェーカーでシャカシャカやって持ち歩いて、ちょこちょこ飲んでもGOODです!

    軽い運動量でも脂肪燃焼に効果的

    その他、SLEの小顔・痩身対策でやっていたことは、食事療法の他にも、糖質オフの食事では必要ないと言われている有酸素運動・腹筋運動です。

    やはり体に筋肉をつけることは、脂肪を燃焼しやすい体にするので避けて通れないものではないでしょうか?

    特に、私の場合は足を怪我した状態が長く続いているので、以前のように長時間歩くことが困難となっています。

    その上、在宅でライターをやっていることもあり、必然的に運動不足になりがちになるので、その辺は特に意識してやらないとついつい何もせずじまいになってしまうんです。

    だからと言って、大変だったり時間がかかるものを実践するのでは続けられない…。

    そういう実情も考えて、日常的に続けても辛い苦しいものではなく、とっても楽しく出来る方法を実践しています。

    >>足を怪我していても出来た簡単な運動とは?<<

    これらの運動の他にも、最近いいと思って実践しているのはスクワットです!

    スクワットはたった1回やるだけで腹筋100回やるのと同じ効果があるというのですから驚きですよね!

    スクワットでもきちんとしたやり方をしないと効果がありませんので、気になるあなたは…中高生の脂肪燃焼スープダイエット!痩せるには運動が必要なの?をじっくり読んでみて下さいね!

    こちらの記事もオススメですよ♪ ⇒ケトプロ食の効果!バターが主食はMEC食よりもストイック?

    スポンサーリンク



    14件のコメント

    • かずみん

      はじめまして!

      内容、とても参考になりました。
      うちは2015年の8月に、16歳の娘が血管性浮腫という病気になってしまい、入退院を繰り返す日々です。

      遺伝性ではないので、ステロイドが最も有効な薬で、うちもパルス療法で最大60ミリの点滴から始める事もありました。

      何度もステロイドの服用はしてるのですが、最初は副作用もなくほっとしていたのですが、去年12月の入院からムーンフェイスになりました。

      年頃なだけに本当に可哀想で仕方ありません。

      娘も20ミリまではなんとか減らせても、そのくらいになると発作が起きてまた大量のステロイドからやり直し…の繰り返しです。

      とにかく少しでも解消方がないか調べていて、ここにたどり着きました。

      毎日のマッサージ、コロコロ頑張っています。
      糖質オフも重要なんですね…

      今も入院中ですので、帰ってきたら早速色々試してみます!

      希望をありがとう˚₊*୧⃛(๑⃙⃘⁼̴̀⁼̴́๑⃙⃘)୨⃛*₊˚

      • 凛音 凛音

        かずみんさん、初めまして!

        このブログでは同じようにステロイドの副作用で悩んでいる方が、結構いらっしゃっているみたいです。
        私自身、今は人生初最も少ないステロイドの量まで減らすことが出来ました。
        食事法含めて、ダイエットにしても、病気に対して前向きに取り組み始めたからだと思います。

        私もSLEになってからは、『難病なんだからずっとこの薬を飲まないとならないんだ~』
        『ステロイド飲んでるんだから痩せるわけないんだよね~』などと、自分に都合の良い言い訳を繰り返してきました。
        でも、それは違うんです。そう思ってしまっているから、そのような状態になっていただけなんです。

        娘さんはまだまだ若いから大丈夫ですよ!病気に負けない気持ちさえあれば…
        人は必ず自分が思った通りの自分になります!私はそう信じています!

        そう思い始めて、病気を意識しなくなってから、物事は私の思う方向へと進み始めました。

        ステロイドは病気が良くなってくれば必ず減ってきます。
        先ずは、とにかくステロイドを減らすように、出来ることは全てやるつもりで頑張って下さい。

        コロコロと最近流行っている『顔ヨガ』などもいいですよ。時間がなくても気になった時に出来ます。
        リンパマッサージもオススメです。
        娘さんの病気が改善するように、心より願っております(*^^*)

        またブログに遊びに来てくださいね~。

    • ココナッツ

      参考になりました!
      わたしもSLEになり顔が丸くなるのはとても悩んでいたことで、友達に言われても病気のことを話してまで理解してもらえなくてもいいと思い誤魔化していました。でも言われると傷つくし、なにもしらないくせにという感情が大きかったのでこの記事を読んで同じ病気の人が同じようなことで悩んでいるんだと思いすこひ小顔になるように頑張ろうと思いました(^^)
      今まで言える場所がなかったのでこのサイトを見つけてよかったです!
      これからも利用させていただきます。
      ありがとうございました♡
      私も頑張るので頑張ってください!

      • 凛音 凛音

        ココナッツさん、初めまして凛音です♪

        SLEになって一番悩むことは、やっぱりムーンフェイスだと思います。
        身体は細いのに、顔だけがバーンと大きかったりすると、
        それだけで太って見えたりして、いい事なんて一つもありません。

        太ってる、と言われた時に「持病の薬のせいで顔が丸いからだよ」といったところで
        ほとんど理解されることはないでしょう。薬が多いうちはつらい思いばかりすると思います。

        でも諦めないでください!

        凛音はようやく1錠半まで減りましたが、大分顔の丸いのは治まってきたと思います。
        コロコロを買ってマッサージするのが面倒だったりした時は、オールインワンジェルなどでも使って
        軽くマッサージするだけでも違ってきますよ!

        プレドニゾロンを服用中!ムーンフェイス対策に成功した崖っぷち花嫁

        こちらの記事もとっても勇気づけられるので、是非じっくり読んでみてくださいね!

        また遊びに来てくれると嬉しいです!お互いに病気に負けないように頑張りましょう(*^^*)/

    • ゆん

      SLEでツライ思いをしているのは自分だけじゃない、そう思えました!本当にありがとうございます。
      私は今、18です。たくさん遊びたいし写真とかも撮りたいのに、顔が丸くてなかなか笑うこともできません。外に出ることも怖いです。だけど、同じ病気で頑張っている人はいるんだ、自分も頑張ろうと思えました。少しでも痩せられるように努力していきたいです!
      誰にも相談できず、ずっと心に溜め込んでいたものが少しスッキリしました。ありがとうございました。

      • 凛音 凛音

        ゆんさん、初めまして凛音です♪

        凛音の場合はSLEになってからもう20年近くたつので…ステロイドとも上手に付き合っていると思います。
        でも、まだまだ若いゆんさんからしたら、きっとムーンフェイスになってしまったことはとっても辛い事でしょうね。
        若いうちにしっかり治療をしていけば、比較的早くステロイドを減量することが出来たり、
        人に寄ってはやめることもできるようなので、ゆんさんにはぜひぜひ頑張って治療していって欲しいです!

        ムーンフェイスだからっていろんなことを諦めないで、メイクをしていかに可愛く見せられるか、顔を小さく見せられるかなど…
        努力して続けていけば、きっと自分に自信も持てるし、気にならなくなってきますよ!
        とにかく諦めないで、ムーンフェイスの顔も自分の顔なんだと認めてあげながら、綺麗に可愛くなっていきましょう♪

        また辛くなったら読みに来てくださいね!

    • にくまん

      SLEと診断されて半年が経ちます。1月に退院して、現在はプレドニン17.5mg飲んでます。退院直前になってムーンフェイスがあらわれ、今はパンパンで、マスク無しでは外に出れません主治医の先生に伝えても、ステロイドが減れば必ず治るから~と言われましたが、いつになったらムーンフェイスから解放されるんだろう!と不安な毎日を過ごしています。
      こちらのサイトを見て、同じ悩みを抱えてる方がいて、心強くなりました。
      まだSLE歴短く、この先どう付き合って行ったらいいか分からない事だらけですが、自分のペースで生活して行こうと思ってます。

      • 凛音 凛音

        にくまんさん、初めまして凜音です♪

        お返事がとても遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

        SLEは、初めのころの治療がとても大切なようなので、初めはプレドニンも多くて
        ムーンフェイスもつらくて嫌になってしまうと思いますが、ぜひあきらめないで頑張ってください。

        凜音はSLEになってから、もう20年近くたつのですが、ようやく5mg程度まで減らせました。
        でも、SLEの症状は本当に人それぞれなので、そこまで減るのに20年かかるなんて思わなくて大丈夫ですよ!

        やはり、10mgを切ってくると、ムーンフェイスもかなり良くなるような気がしています。

        はじめのうちは、本当に薬が減るだけでムーンフェイスが治るの?と心配で、不安で…
        ついつい、疑心暗鬼になってしまうかと思いますが、薬が減れば必ず改善します!
        とにかく、主治医の言うことをきちんと守って、薬を減らしていく方向に集中してください。

        まだまだ半年なら、希望はいっぱいありますよ!一緒に頑張っていきましょうね(#^.^#)

    • みく

      はじめまして。私はSLEの患者ではないですが、投稿させていただきました。私は42歳の時に混合性結合組織病(略称は、MCTDといいます)を発症しました。この病気はSLE、強皮症、多発性筋炎という3つの病気の特徴が全て現れる病気で、SLEの患者さんよりも遥かに罹患者が少なく、情報が少ないのが悩みです。発病から2年で高熱が40℃から下がらなくなって突如入院しました。その時初めてブレドニゾロンを投与されました。その時は一時的に炎症を抑えるための使用だったこと、私自身がステロイド剤の使用を全く望んでいなかったことから、主治医と何度も話し合い、1ヵ月だけの服用と決めました。病気の勢いが治まった後は、リバウンドに注意しながら減量するわけですが、私は20㎎➡15㎎➡10㎎➡5㎎を1週間づつ続けて1ヵ月で使用を止めました。こちらの記事を読んでいて我ながらかなり強引だったのだなと今は反省していますが、その時はただもう夢中でした。とにかく、ムーンフェイスになる前に、この薬と手を切りたい!ただそれだけでした。幸いにも病気の再発という最悪のリバウンドはありませんでしたが、今までは痛みなど感じたことのなかった場所に痛みが生じたり、関節痛が以前よりも酷くなったり、やはりリバウンドに苦しみました。それはこの薬のスゴさの現れでもあり、感謝と恐怖を感じたことを今も覚えています。
      あれから10年、度々悪化はするものの、ステロイドのお世話にはならずに済んできたのですが、3/6からまた40℃の高熱に倒れ、何を使っても効果がなく、主治医の説得に従い、ブロドニゾロンの使用が始まりました。相変わらず、この薬の効果には驚かされますね。3/10に服用を始め、翌日の土曜には完全に平熱に戻りましたから。今回はSLEの症状が強めに出ているらしく、初めて蝶型紅斑も出て、今は鏡を見たくないです(ーー;)
      とは、言いつつも大変なのはこれからなので、主治医とよく話し合って甚大な副作用が出る前に、減量を始めたいと考えていますが、10年前の主治医とは違うドクターに変わっているので、私の考えを理解してもらうのにはてこずりそうです。でも、ドクターも出来るだけ短期の使用でと仰ってくださっているから、なんとかなりますかね。ムーンフェイスももちろん嫌ですし、体重増加も論外なのですが、はやりその他の重篤な副作用も恐怖ですから。ステロイドは「両刃の剣」のようなものてすね。善い面、悪い面どちらにも効果絶大で、難病に苦しむ我々のような人間には病が酷いときには神様の助けとも思える絶大な効果を発揮してくれます。でも、我々女性はワガママですから、体調が戻れば今度は外見が気になってしまう…。でも、こちらのサイトを拝見して頑張る勇気をいただきました。私も美容ローラー試してみます。基本は自分の手でマッサージする派なのですが、今は病気の再発で関節炎も発症しているので、器具のお世話になってみます。あ、カッサプレートとかもいいかも。この2、3日、鏡を見るのを避けていましたが、現実を受け入れて、そこからどう変われるのか、私の方法を探してみます。本当にありがとうございました。

      • 凛音 凛音

        みくさん、初めまして凛音です♪

        SLE、強皮症、多発性筋炎という3つの病気の特徴が現れる疾患というのは
        凛音も知らなかったです。入院しているときは、いろいろ勉強したんですけどね。
        罹患者が少ないということもあるようなので、本当に知る人ぞ知る病気なのでしょう。

        凛音の場合は、ちょっと気分が高揚したのとムーンフェイスくらいの副作用で済んだので、
        それほど重篤な副作用もないことを感謝しないとならないな、と感じました。

        でも、初めにプレドニゾロンの服用を1ヶ月だけにとどめたというのはすごいことですね!
        凛音も、初めて入院した20年前の時には、まだ新婚さんだったので、早く出たい一心で必死でした。
        なので、やはり無理やりに出てしまったことはあるかもしれません。
        みくさんの体験に、とても共感を覚えました。

        確かにステロイドは免疫系の病気に対しては、特効薬のようなものなので、
        どうしても飲まされてしまうことは否めませんよね。
        もう少し、女性にとってつらい副作用が改善されていけばいいのにな、と思います。

        こちらのブログはSLEの記事はそれほどないのに、たくさんの同士の方がコメントをくださっています。
        皆さん、いろいろ工夫されているようなので、本当に悩んでいる方を勇気づけられる場所にしていきたいですね。

        今、凛音の経験を踏まえて記事を書いていこうか考え中です。
        また良ければご意見、ご感想をお待ちしています。

        お互いに、病気に負けないように頑張っていきましょう!

    • みきちお

      はじめまして。
      16年前にSLEを発症し、16年ぶりに顔に紅班が出てきて、プレドニンを5→15→30㎜に1ヶ月かけて、増やしました。30㎜は昨日からです。副作用が嫌でググり、このサイトを見つけました。ムーンフェイスに反抗してもいいんですねw(゜o゜)w今までは副作用だから仕方ないと諦めてました…
      サイトを見つけて、良かったです。これから副作用との戦いです。けど、顔の紅班もなくしたいです。
      車も大きなワンボッス買いました。2歳の愛娘がいます。お出かけも沢山したいので、この治療を頑張ってます。また、お邪魔しますね!

      • 凛音 凛音

        みきちおさん、初めまして凜音です! 

        コメントをありがとうございます♪ 
        私事ですが、色々と身辺が慌ただしく、承認とお返事が遅くなってしまいました(>_<)
        すみません。

        SLEは副作用との戦いですよね。
        私は現在ステロイドを1錠、一日おきに一錠半飲んでいます。
        漸く顔の丸みがまともになってきました(笑)

        丁度2年前にたまたま動画を残していたのですが、
        とても見せられるものではありませんでした…

        ステロイドは減ってくれば必ず副作用は楽になってきます。
        確かに頬が赤くなりやすかったり、色素沈着しやすかったり、
        あざが出来やすく治りにくかったりしますが
        確実に、薬が減れば良くなっていることは実感しています。

        ワンボックスカー、素敵ですね(*^_^*)
        可愛い娘さんと、たくさんたくさんお出かけして
        病気のことなんて忘れちゃいましょう♪

        また、是非是非遊びに来てくださいね!

    • ぷちこ

      SLEが疑われると検査結果待ちです。ステロイドの服用を始めました。
      とても楽になりました。
      いただいた情報を参考に治療に頑張ります。

      • 凛音 凛音

        ぷちこさん、初めまして♪凜音です(*^_^*)
        SLEは確定するまでが大変ですよね。

        私の場合は、近所の小さな病院で腎盂腎炎と判断されてから
        その後の血液検査で、数値がおかしいということで
        色々な病院をたらい回しにされて、最終的には大学病院でSLEと判明しました。

        状態によっては入院は必須かと思いますが
        薬をうまく服用していけば、辛い症状はすぐに治まりますので
        希望を持って頑張ってくださいね!

        良い方向に向かうよう応援しています!何か不安に思うことや悩みがあったら
        遠慮なくメールをくださいね(*^_^*)

    コメントを残す