【脂肪燃焼スープダイエット】デトックススープのアレンジ!1週間徹底プログラムとは?

脂肪燃焼スープは、デトックススープとして良く知られているように、毒素を排出したり、便秘解消や冷え性改善、味付けも自由自在ですし、玉ねぎをたっぷり使いますので、血液サラサラ効果が期待できます(^_^)

スポンサーリンク




脂肪燃焼スープ(デトックススープ)に使用される野菜は6種類。

キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、セロリ、トマト…です!

脂肪燃焼スープ野菜色々

6種類の野菜の効能については脂肪燃焼スープダイエットのやり方とレシピ!6種類の野菜は代用が出来るの?を読んでみて下さいね!

体質改善に強力な威力を発揮してくれる脂肪燃焼スープ(デトックススープ)なんですが、今回は、そのダイエット効果やアレンジ、味付けについて見ていきたいと思います。特に効果の高い方法もご紹介しますのでお楽しみに~(^.^)/~~~

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)の味付け!それぞれの材料の効能とは?

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)は、野菜の他に入れるものとして、お出汁の材料、鶏がらスープの素、かつお節、コンブを使います。また、味付けにはショウガと天然塩がベストです!

それぞれの効能をザッと見ておきましょう。

    ●鶏がらスープ 鶏といえばコラーゲンですよね。美肌効果は勿論、筋肉、骨格も強化してくれます。

    ●かつお節 体温維持に役立つ、アミノ酸が豊富に含まれています。

    ●コンブ 食物繊維が豊富に含まれているので腸を活性化。ミネラルもバランス良く含まれているので、体質改善に最適です。

    生姜

    ●ショウガ 身体を暖める効果があるので、血行を促進し、食べ物の消化も良くしてくれます。朝一杯のショウガ紅茶が身体に良いことが有名な、まさに天然の万能薬ですね!

    ●天然塩 オススメは海人の藻塩です!体全体のミネラルバランスを整え、科学製法で作られた塩に比べ、活性酵素除去効果も高いです。

これらの調味料を使って味付けて、とっても美味しい出汁を作り、それをベースに6種類の野菜の旨みと栄養がじっくり染み込んだ、体の芯から暖まる、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)が出来あがるというわけですね!このスープを飲んでダイエットするのですから、ひもじい思いをしなくていいですし、何といっても継続しやすいのがGOODでしょう。

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)がダイエットに効果的なワケ

脂肪燃焼スープ完成

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)自体は、特別ダイエット用に考えられたスープではありません。体を温め、毒素を排出する効果(デトックス)を促すというところから無理なく、その人の適正体重にしてくれる、ということなんですね。

元々、野菜が体にいいことは知られていますし、その体にいい野菜を、いかにして沢山取り入れていくか…ということが無理のないダイエットへの近道=鍵ではないでしょうか。

健康的な食生活として、一日の食事のうち、水分を70%にすると痩せやすく、バランスの良い食事になると言われています。その水分には野菜&果物が最適なんです!朝は果物(野菜)昼に野菜と蕎麦などの軽いもの、夜にはサラダや温野菜をメインの他に加えれば、好きなものを食べても、その70%は十分に達成してしまいます。

そんな理想的な食生活を実践していくために欠かせないのが、この脂肪燃焼スープ(デトックススープ)なんですね。野菜スープなら無理なく摂れますし、作り置きも出来、夏は冷製スープにすれば美味しく頂けますよね?冬は味付けにキムチなどのカプサイシンをしっかり取り入れて、温かいものを食べれば、体も温まり一石二鳥です。

スポンサーリンク


脂肪燃焼スープ(デトックススープ)の味付けは?1週間徹底プログラムのやり方

ここで、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)ダイエットの最適なやり方を見ていきましょう。

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)ダイエットは、基本的に、食事のうちの1品として考えるだけでもいいのですが、もっと即痩せしたい方のための1週間徹底プログラムという方法があります。

こちらの動画は、その7日間でダイエットした方のレビュー動画です!順を追ってみていくと面白いですよ。

朝は基本的に脂肪燃焼ジュース(大根、ニンジン、リンゴ、生姜、蜂蜜をミキサーにかけたもの)勿論、スープのみでも構いません。動画でレビューしている方は、朝もスープでチャレンジしていました。私の場合もすべてスープで実践していました♪

    1日目:果物の日
    昼は脂肪燃焼スープ(デトックススープ)、またはゆで野菜・生野菜。野菜の種類は自由ですが、バターや油は使いません!夜は脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+バナナ以外の果物を自由に食べてOKです。

    2日目:おイモの日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)、または湯で野菜、生野菜。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+茹でたジャガイモかサツマイモを食べてOKです。

    3日目:果物・野菜の日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)
     夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+バナナ以外の果物や、茹で野菜、生野菜は自由に食べてOKです。ふらつくようなら、炭水化物を少しだけとっても。ご飯なら玄米ご飯をお茶碗に軽く1杯まで。

    4日目:バナナの日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+バナナ1本。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+バナナ1本
     たんぱく質を補うために、500mlの無脂肪牛乳を飲みます。バナナは1日3本まで!

    5日目:トマト・お肉の日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+トマト2~3個+茹でて調理した鶏肉か豚肉。または煮魚。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+昼と同じメニュー
     一日に1.5lの水を必ず飲む。お肉の分量は700gを超えなければいいので、ほぼ自由に食べてOKです!どうしても油を使いたい方は、オリーブ油をほんの少し使ってください。

    6日目:牛肉の日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+茹で野菜、生野菜、牛肉。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+昼と同じメニュー
     牛肉は好きなだけ食べてOKです!>肉の種類、焼き方も自由ですので、ステーキを2~3枚食べても大丈夫。

    7日目:ごはんの日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+玄米ごはん。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+玄米ごはん。玄米ご飯は好きなだけ食べてOKです!

 脂肪燃焼スープ(デトックススープ)1週間(7日間)徹底プログラムの基本♪

  • 脂肪燃焼スープ(デトックススープ)は最低1杯は食べてください。もっと食べられるようなら、好きなだけ食べてOKです
  • 水分は毎日1.5~2lは飲むようにすると、毒素排出の手助けをしてくれます
  • 1週間徹底プログラム期間の水分ですが、体を冷やす働きのある冷水(氷水)や緑茶、コーヒーのとりすぎには注意です!オススメは、びわ茶、番茶、しそ茶です
  • 一日にとる果物の量は、リンゴなら1個、みかんなら3個程度が目安です

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)は、毎日飲むと飽きが来るかもしれませんよね?

そういう時にはこんな味付けがオススメです!

  • しょうゆ…抗酸化力が強い。食後の血糖値上昇を緩やかにします。また、胃液の分泌も高めて、消化を良くしてくれます。
  • ポン酢…クエン酸が豊富に含まれているので、血糖値を押さえ、代謝アップ、疲労回復、カルシウムの吸収促進などの効果が期待できます
  • 味噌…血液をサラサラに!大豆を使っているのでイソフラボンが豊富です。女性にはうれしい成分、効果で知られていますね
  • チリソース、カレー粉…チリソースの辛味に含まれるカプサイシンが脂肪燃焼効果をアップしてくれます! カレーも同様ですね。1分ほど煎って加えてください

こんな感じで味付けをすると、バリエーション豊かに楽しむことが出来ます!特に、カレー味は本当に美味しくて全く飽きませんよ!

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)のダイエット効果の原理は出来るだけ炭水化物を控えて、血糖値を急激にあげないということに尽きますね!血糖値を緩やかに上昇するように体質改善すれば、余計な脂肪を付けなくて済みます。

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)と一緒に摂るといいサプリメントなら血糖値の急激な上昇を抑える!天然のインスリン「紅菊芋パウダー」無添加・無農薬の自然食品♪
がオススメです!




こちらの記事もオススメですよ!⇒脂肪燃焼スープの驚くべき効果とは?作り方は?

⇒脂肪燃焼スープダイエット!頭痛になる理由と対処法を解説!

スポンサーリンク



コメントを残す