デトックススープの保存期間はどのくらい?便利な方法ならコレ!

デトックススープってどのくらいの保存期間があるのか知ってますか?大鍋一杯に作ったのはいいけれど…どうしても食べきれない時、どんな風に保存しておいたらいいのかを、ちゃんと知っておきたくはないですか?

スポンサーリンク




デトックススープダイエットはデトックススープの食べ方!どんな決まりがあるのか知りたい!でもお話したように、3種類の方法があります。1週間徹底プログラムを選んだにしても、置き換えを選んだとしても、始める前は大鍋にたくさん作っておく方が便利です。

もちろん、毎食ごとに小さな鍋で作ったデトックススープをきっちり食べきってしまえるなら、ちょこちょこ作る方法でもいいかもしれません。ダイエットは継続が命です! その為にはやっぱり途中で面倒になって作らなくなってしまった…ということを避けないとなりません。

その為にはどうしたらいいのかを、順を追ってお話していきますのでじっくり読んでみて下さい!

絶対に挫折しない為のコツ!ストックしておくこと

reitou

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)ダイエットでは、朝・昼・夜とスープを飲み続けますので、たっぷりの量を作っておかないとなりません。大鍋に作れば人に寄りますが、大体2~3日位は持つのではないでしょうか。1週間ダイエット中はスープをいくらでも飲んでいいことになっていますので、もしかしたら一日でなくなる場合もあるかもしれませんよね(笑)

そんなことにでもなればもう、毎日作っておかないとなりません。もし、時間がなかったり面倒になってしまったりして切らしてしまったら、そこでダイエットはまた今度~! と言うことになってしまうかもしれません……(/_;)

デトックススープストックは冷蔵&冷凍保存が便利!

supureitou

そんな勿体ない挫折を防ぐためには、やっぱりスープのストックをたくさん作っておく必要があります。その場合のおすすめ方法としては、たくさん作ったスープを小分けにして冷蔵&冷凍保存しておく方法です! 冷蔵にするのか、冷凍にするのかはそれぞれの好みや生活環境などによって変わってきます。私としては冷凍保存しておく方が便利かな?と感じることが多いです。

冷凍保存の場合は、翌日に飲む分を前日の夜に出しておけば、翌日には自然解凍で飲める状態になっています。これを電子レンジで温めて飲んでもいいですし、夏場だったら冷製スープのように冷たいまま飲んでもまたアレンジが効くし、おいしく食べられるのでオススメですよ!

デトックススープの冷蔵での保存期間は?

4027989475_070267d5e3_z

デトックススープは大鍋で作った場合、そのままの状態であれば、毎日火を通して3日間食べられると言われています。しかし、これは夏場を除いた期間の場合で、夏場はやっぱりそのまま置いておくのは危険と言えるでしょう。そんな時には鍋ごと冷蔵庫に入れるという方法もありますが、よほど広いスペースでもなければ、鍋ごとなんて無理ですよね。

そういう時にはタッパーなどに小分けにして、冷蔵庫に重ねておいておくといいです。出来ればそのまま電子レンジでチン、すれば食べられるくらいの量ごとに分けるといいでしょう。このような保存方法の場合、保存できる期間は1週間ほどと言われています。それでもこの期間あくまで目安なので、3日位で酸っぱくなってしまった! といったケースもあるようですよ。

流石に酸っぱくなったら諦めて捨てて下さいね……。

デトックススープの形状によっても違ってくる

3b26fc9cd2f7296fbd15a71a6bac9ed9_s

一般的に脂肪燃焼スープと呼ばれている、キャベツ、タマネギ、人参、ピーマン、セロリ、トマトの6種類の野菜を使ったスープの場合は、実がしっかり入っていますので、出来れば少し細かくして保存するといいのではないでしょうか。

また、デトックススープは痩せないって嘘でしょ?知ってた?実はこんなアレンジ方法があるんです!でご紹介したアレンジスープとして、鈴木あさみさんのデトックススープがあります。こちらのスープは様々な野菜をポタージュ状にして食べる、というダイエット法です。

特に1週間の期間を決めてダイエット! というような決まりはないのですが、やり方としては脂肪燃焼スープ(デトックススープ)を食前に飲む、というやり方と同じです。このようなポタージュ状のデトックススープであれば、まさに冷凍保存をする方法が便利です。次からは冷凍保存の方法をお話しましょう。

スポンサーリンク


デトックススープの冷凍での保存期間は?

supusutok

デトックススープの保存方法として特にオススメなのは、なんといってもこの冷凍保存によるものです! 冷凍保存する方法をステップごとにご紹介していきましょう。

  • 手順1 デトックススープの粗熱を取る 熱いものを冷凍してはいけません!先ずは冷たくなるまでしっかり熱を取って冷ましましょう。
  • 手順2 デトックススープを袋詰めする  大鍋に作ったデトックススープをジップロックの大袋に入れて、一旦冷凍庫で凍らせます。この方法は冷凍スープを割って使う保存方法ですが、あらかじめ1食分ずつジップロックの小さな袋に入れる方法もあります。
  • 手順3 冷凍庫で2時間位凍らせたら一旦取り出す 半冷凍位の状態にして取りだしたら、袋の上から割り箸や菜箸などを使って1食分ずつくらいに割れ目をつけます。その後に再び冷凍庫に入れます。
  • 大袋に入れたスープは割れ目がついているので簡単に割れます。食べる分だけお鍋に入れて温めてもいいですし、スープカップに直接入れて電子レンジでチンしてもいいでしょう。小さな袋に入れたスープも同様にして温めます。

    上手に凍らせるコツ
    ジップロックに入れたデトックススープは、冷凍庫の中に設置されている金属トレイに乗せると早く凍ります。
    また、ジップロックに入れたスープは出来るだけ平らになるように慣らしましょう。厚みがあると割れ目が入れにくいです。

    このように色々なスープを冷凍して、冷凍庫の中で立てて保存すると場所も取らずにとても便利ですよ♪ 私は脂肪燃焼スープ(デトックススープ)と呼ばれる野菜が実のまま入っているスープを作る時は、大抵冷蔵保存しないうちに食べきっちゃいます!

    そして、鈴木あさみさん風のポタージュデトックススープを作った時は、1杯だけ飲んだら後は冷凍保存しちゃいます!冷凍スープの保存期間は約2~3週間ほどと言われています。この間にも何となく変色してきたな~という時には、食べないように気を付けましょう。ダイエットでお腹を壊したら元も子もないですからね(笑)

    ダイエットの基本は継続することです!その為にはどうしたらいいのか常に考えることは大切ではないでしょうか。完璧を目指すためにぎちぎちのルールでやっていると、結局は長く続かず短命ダイエットで終わってしまいます。

    ダイエットの語源は、ギリシャ語のdieta(生活様式・生き方)という意味があるそうです、そこから日常の食べ方、食事療法などに変わってきたと言われています。だから、ダイエットとはどのように食べたらいいのか?と言うことになるわけですね。このダイエットを成功させる為にも、決して無理はせずにゆっくりじっくり継続していく必要があるのではないでしょうか。

    スポンサーリンク



    コメントを残す