【危険?】MEC食の正しいやり方を解説します!

これからMEC食を始めようと思っているあなたは、具体的にどんなやり方をすればいいのか知りたいですよね?

やり方は勿論の事、MEC食を実践すれば痩せられるのか?健康になれるのか?はたまた危険なことはないのか?などなど…

スポンサーリンク




私がMEC食に落ち着いたきっかけとは?

ダイエットに成功して笑顔の女の子

このブログでは最初の方は野菜食(ベジフードライフ)について取り上げてきました。

野菜食と言ってもマクロビやローフードといった本格的なものではありません。

しかし、そのきっかけとなったのは、以前ダイエット目的で、脂肪燃焼スープダイエットに成功し、その後野菜食で体調が良くなった……と思ったからでした。

しか~し!

再度脂肪燃焼スープダイエットを実行しようとした時に、本当に偶然糖質制限ダイエットを見つけ、直ぐに体重が減ったのと同時に物凄く体調が良くなりました。

それから、色々なことを勉強し……

今は肉、卵、チーズをメイン食とするMEC食に落ち着きました。糖質制限を初めて2週間後から始めたMEC食。そろそろこちらも2ヶ月が経とうとしています。

体重減少はトータルで4kgですが、ステロイドを沢山飲んでいる状態では上出来だと思っています。

それより何より他の恩恵が物凄いので、MEC食を始めたい!とおもっているあなたには、私が菜食をやめた経緯と共に、MEC食の正しいやり方をお伝えしていきます。


*この記事は何度か書き足したりして更新していますが、最終更新の本日はMEC食を始めてそろそろ2年が経とうとしている感じで…体重減少はトータルで10㎏となっています(*^^*) 今後もこまめに更新しながら体重減少などを報告していきますね♪

野菜食は危険ってなに!?ヘルシーなんじゃないの?

ダイエットに野菜サラダ

MEC食実践記とやり方に触れる前に、先ずは野菜食にハマっていた時のリアルな経験を書き記しておきますね。

MEC食を始める2年前より実践し始めた野菜食。私の場合は、その頃レシピブログの記事を書かせて頂いていたこともありましたので完全なベジタリアンにまではなりきれませんでした。

家では主人も実父も普通の食事でしたし、私だけ違う食事を用意するのは初めだけでした(笑)

それでもその頃から、なるべくお肉を少なめにしてご飯は主に玄米、といったマクロビオテックを少しかじったような食事内容でした。

初めこそ身体が軽くなって、体調が良くなったように感じたんです。

そのことについては、
>>ゆるベジライフ3ヶ月で、無理なく6キロ痩せました!<< を読んでみて下さいね!

その頃に信じていたことが全く変ってしまったのでとても心苦しいんですが…やはり今の状況を正直にお伝えする方がいいと言う判断で、この記事を書いています。

身体が軽くなったのは、勿論極端なカロリー制限(していたつもりはなかったけれど…)で痩せたからに過ぎませんでした。

痩せた、と一口に言っても、単に体重が落ちるだけでは綺麗に痩せたとはいえません。

特に、肉も脂も殆ど摂っていなかったこともあり肌はかさかさになっていましたし、自分では気付かないうちに、身体の中が蝕まれていたのです。

それがちょっとした事で起きてしまった骨折。このことが食生活について考え直す、いいきっかけになったんではないでしょうか。

菜食主義の方の著書など、沢山読んで勉強してきたつもりでしたが……今思えばそこに書いてあることは嘘なんではないかと思い始めています。

あえてどの著書と書くのは止めておきますが…どちらにしても今私は、糖質制限→MEC食で確実に健康な身体を取り戻していると思います。

スポンサーリンク


糖質制限からMEC食へ…2つの食事法の違いとは

87c9debb9490aa44ed3307a1b05203f7_s

糖質制限の基本は糖質となる主食(ご飯、パン、パスタ、うどん、そば)と根菜類などの一部の野菜、砂糖を使っている甘いものを抜く事です。

そこにプラスしてMEC食の基本は肉・卵・チーズをタップリ食べましょうという考え方です。

糖質制限が引き算(制限)の考え方に対して、MEC食は足し算の考え方なんですね。糖質過多は確実に身体に脂肪をつけ、様々な病気を引き起こす原因となります。

なので、どちらも糖質を控えましょうという考え方は一緒です。

ただ、MEC食の方は人間が必要な栄養素をほぼ網羅できる食品(肉・卵・チーズ)をメインに食べて先ず満たしてしまえば、何を食べてもいい、という所が糖質制限との違いではないでしょうか。

といっても、不思議な事に…必要栄養素で身体が満たされると、何故か他のもの(糖質)が欲しくなくなるんです。

糖質制限のように、糖質を主眼において抜きましょう、というよりも、食べてもいいけれど、先ず肉・卵・チーズを食べてからにしてくださいね、という方が取っ掛かり易くないですか?

とにかく頭でごちゃごちゃ考えているよりも先ずは実行してみる事だと思います。

体中のエネルギーが漲ってくるような感覚を味わう事が出来るからです。MEC食はダイエットではありませんので、体重が増える場合もあるそうです。

*元々太っていない方などは増える傾向にあるようです。
*MECを始める前に菜食などをやっていて、飢餓状態にある場合も、増える傾向があるようです。

この場合は、飢餓状態が解消するとまた減ってくるようですね。

私も2年足らずですが、菜食に近い食生活をしてしまっていたので、完全に身体が栄養失調の状態に陥ってしまっていたのだと自覚しました。

なので、まだまだ2ヶ月経つか経たないかのMEC食ですが、将来の為に続けていきたいです。

MEC食を始めてもうすぐ2年!具体的なやり方を解説します!

5a603995a480e245f1d595aa5ebf4d5c_s

以前の記事は2015年の3月ごろに書いたものです。

MEC食を始めてから体重が停滞してしまったことで不安を感じた私は、自分なりに色々模索して、今はMEC食と糖質制限のイイトコ取りのような食事法を実践しています。

基本のMEC食の具体的なやり方としては…


一日2食でも3食でも、それ以上であっても『食べたいと思った時にMEC食の推奨食材(肉・卵・チーズ)を食べる』となっています。

夜中であっても小腹がすいたらチーズとかナッツを食べてもいいという事です。

そしてMEC食には肉・卵・チーズのベース量というものがあって…肉は200g 卵は3個 チーズ120gとなっています!

もう一つMEC食で重要なやり方にカムカム30があります。

これはお肉などの一口分は出来るだけ小さく切り、一口食べたら一旦箸を置いて、良く噛むこと30回を繰り返しましょう、という事なんです。

MEC食のベース量など分かっていても、このことをわかっていない、実践できていない人が物凄く多いようですよ!

特にダイエット目的ではなく、体を丈夫にするとか病気を治したいとか…そういう目的であれば、体が満足するまでしっかりと栄養を摂った方がいいでしょう。

肉・卵・チーズさえ食べていれば、色々余計なことを考えなくても、自然に体が必要な栄養素をしっかり網羅できるからなんです。

ダイエット目的の場合のMEC食のやり方をもっと詳しく知りたいあなたは
>>MEC食で太っちゃった!痩せるためにはカロリー制限が必要?<<を読んでみて下さいね!

私のやり方は、基本的に糖質制限寄りのMEC食といった感じです。

糖質制限とMEC食に違いがあるとしたら、菜食系糖質制限か、肉食系菜食制限かの違いになるのではないでしょうか。

糖質制限では豆腐、大豆製品はタンパク質源として意識して食べるように薦められています。

しかしMEC食の場合は、とにかく基本「肉・卵・チーズ」ですから、タンパク質源はお肉で摂るように薦められています。

豆腐、大豆製品、納豆などを食べてはいけないわけではありません。

先ず優先的に肉・卵・チーズを食べてから、それでもお腹がすいた時には、その他の食品を食べてもいいことになっているのです。

なので、今の食事法のやり方としては、基本は肉がメイン、間食や夜のお酒のおつまみに(笑)チーズ、バターを食べるといった感じで…糖質を摂ることがあるとしたら、朝か昼と決めています。

私の場合は一日2食ですので、これで丁度いい感じに体重が維持できている感じですね。MEC食を始めてから約1年で体重は10㎏減に成功しています、途中停滞期などもありました。

、菜食の危険についてはこちらのブログの記事が参考になります。

ブログ主さんは長い事ヴィーガンでいらっしゃったのですが、身体の不調が菜食の所為だと気付き、そのことについて詳しく触れています。

>>しあわせごはんとおやつneem<<

こちらのブログの『僕が菜食をやめた理由』という記事です。連載で1から12まであります。

MEC食を始めるに当たっては、必ず↓の本を読んでからにしてくださいね!自己流で始めると挫折するかもしれないので。

MEC食でダイエットしているあなたの強い味方になる本です!電子書籍もありますから、不安になった時はいつでも読めるのが嬉しいですね。

MEC食のオフィシャルブログ ローカーボプラスワンでもMEC食の基礎知識やレシピ、考案者の渡辺先生のコラムを読むことが出来ます。

是非何度も訪れて隅々まで読んでみてくださいね!

100%健康ダイエット食とも言えるMEC食でも危険と言われる理由は?

94532b75cc944706a117e1d98c49243e_s

MEC食をオススメしているブログや実践している方々は、実際にご自分の経験からMEC食がどんなに素晴らしい食事法なのか、という事を書かれているケースが多いです。

でも、これからMEC食をやってみたい!やろう!と思っているあなたなら、いい部分と一緒に危険な部分はないのかな?という心配が拭いされないのではないでしょうか…?

実際にMEC食をやって体調を崩してしまったとか、痩せるどころか太ってしまったり…コレステロールが高くなったり、ガンになる可能性があり大変危険!などと言っている方も、一部いるんですよね。

この情報は本当なのか、デマなのか…。その辺りを私なりの解釈でお伝えしていきますね!

MEC食は危険!?コレステロールの問題について

MEC食を実践すると総コレステロールが急上昇する!という現象に見舞われるケースが多いと言われています。

コレステロール自体は体の細胞膜を生成する生きていく上で絶対に欠かせない『脂質』の一種なんです。なので、コレステロールが低ければいいってものじゃないんです!

それでも、MEC食を実践するとコレステロールが上がることで危険だ!と問題視されることが多いのです。

コレステロールが急上昇することで心配しないとならないのは悪玉コレステロール(LDL)ではなく、小粒子LDLと呼ばれるコレステロールなんです。

この小粒子LDLは最も極悪と言われている酸化LDLに変化しやすいからなんですね。

一般的に総コレステロールが急上昇したとしても、中性脂肪の値が低く、善玉コレステロール(HDL)の値が高ければこの極悪コレステロールの酸化LDLは少ないとされているんです。

私は持病のSLEとの兼ね合いもあるのか、主治医の先生にコレステロールの数値については忠告を受け、これについては薬を飲んで150位になっています。(2017年は飲まずに済んでいます)

でも実際には上記の理由で、総コレステロールが高いからと言って、すぐに心配したり危険だ!と恐怖におののく必要はないという事なんですね。

ちなみに、MEC食を始める前に私のように野菜食やマクロビなどを実践していた人は、LDLが上がりやすい傾向にあるらしいですよ。

それはなぜかといいますと、菜食をやっていると当然のことながらお肉を食べないので、食事からコレステロールを摂り入れる事が出来ないんです。

しかし人間の体というのは良く出来ていて…外からコレステロールを摂り込めなければ肝臓で作りだしてくれる仕組みがあるんですね。

なので、菜食をやっている人は常にコレステロールを作りだしている状態なので、そういうところに急に「肉・卵・チーズ」食を摂り入れるとどうなるのか…。

そうですね、当然のことながらコレステロール過多となってしまうんです!

しかしこの状態も1~2年かけて体がバランスを取り、基準値に戻してくれる仕組みになっているんです。

だからMEC食をやるとコレステロールが上がって大変危険!というのは個々の体の状態次第だと言えるというわけなんですね。

危険!というにはちょっと大袈裟ですが、MEC食で太ってしまうことも問題視されやすいです。

MEC食で太ることに関してはこちらの記事もオススメなので読んでみて下さいね!

ダイエットの方法やお悩みなど、気になることがあればお気軽にメールしてくださいね!
 凜音にメールしてみる?

スポンサーリンク



4件のコメント

  • なぉ

    たまたま、アマゾンでmec食の本を見て興味が湧き実践してみたいと思ってブログを何度も読ませて頂きました。今までは、野菜と果物を意識的に摂りつつ1日2食の食事だけにしながらも、
    パンが大好きで辞められなくて体重が全く落ちずに悩んでいたので、やはり栄養の偏りが原因なんだと最近実感してきました。
    MEC をしてみたいのですが、実はお肉が物心ついた頃から食べれないんです…好き嫌いを通り越して無理なんですが
    お魚で代用するのは根本的に間違ってるでしょうか…

    • 凛音 凛音

      なぉさん、初めまして!
      MEC食を始めてみたいとのことで、ブログを何度も読んで頂いたようで感激です!
      ありがとうございました!MEC食では基本的に野菜はいらないとなっていますが
      私の場合は葉野菜を中心に、出来るだけ摂りいれるようにしています。

      また、果物は果糖で、血糖値の上昇は緩やかなようですが、将来的に脂肪になりやすいようなので
      食べるのであれば朝、少しだけ食べるようにした方がいいですよ。それと、お肉に関しては
      苦手であればなくても構わなく、その他の食材を増やす方向でもいいと、MEC食を考案した渡辺先生も仰られています。
      お魚でも大丈夫ですので、ぜひ試して健康になるのを実感してみて下さい(*^^*)

      それと、パンがやめられないとのことですが、出来るなら低糖質のパンにしてみた方がいいですよ。
      それだけでも大分変わってくるのではと感じました。
      大変有意義なコメントをありがとうございます。またブログに遊びに来て頂けると嬉しいです。

  • なぉ

    早速の御返事、本当にありがとうございます!

    凛音さんが以前にされてたヘルシー食生活のなかで、ナチュラルハイジーンらしい事が書かれていたかと思うのですが、間違ってたらすみません…
    私が今、少しかじった感じで実践してるのがそれです。
    朝はリンゴやバナナをたくさん食べて仕事に行き、お昼はサラダから食べてパンやその他の食べ物を食べて、晩はほとんど食べないという生活を何ヵ月か送ってたのですが、全く体重は落ちずに悩んでた今日この頃でした。
    きっかけは、空腹が人を健康にするを書かれた、ある先生の本なんですが、私の食べ物の取り方に問題があると思うのですが、やはり少し疑問が湧いて来たところでした。
    お魚でも大丈夫とのことなので、試したいと思いました。
    早速、低糖工房にも注文しました(笑)
    本当に分かりやすいブログと御返事をありがとうございます!
    また、変化が表れたらコメントさせて頂きます!
    凛音さんも、お体に気をつけてください。

    • 凛音 凛音

      なぉさん、お返事が遅くなってすみませんm(__)m
      ナチュラルハイジーンはもちろん本を持っています。
      確かに野菜食は痩せるかもしれませんが、やはりタンパク質や脂質を摂らないのは問題です。

      朝、フルーツを食べるのは特に問題ないと思いますが、パンやご飯の摂り方は
      気を付けないといけないと思います。糖質制限やMEC食を実践している方の中には
      全く糖質を摂らない、避けている方が一杯います。

      でも、私の場合は「全く摂らない」というのは反対です。
      外に楽しく外食に行っている時にまで、「自分は糖質制限しているから、これとこれは食べないの!」と、
      ドヤ顔で、食事を残す光景ってどう思われますか?

      そういうのはお店に対しても、一緒に食べに行っている方にも失礼だと思います。
      なので、適宜食べることは全く構わないと思いますが、ようはその量ですよね。

      以前糖質を摂りすぎていたと思うのならば、気持ち減らしてみる。
      それだけでもどんどん体は変わってくると思いますよ!
      できることからどんどん始めていきましょー♪

      野菜を食べるのは悪いことではありません。それだけ、になるのがいけないんです。
      それは糖質制限でも同じことではないでしょうか。

      是非お魚食?を続けて大きな変化が現れることを願っております。
      お気遣いありがとうございました!嬉しかったです(*^^*)

      またいつでもブログに遊びに来て、コメントでもメールでもくださいね~。
      楽しみにお待ちしております。

コメントを残す