ゴディバ!社名の由来は?チョコの種類はなにがある?

ゴディバのチョコレートといえば、バレンタインは勿論、クリスマスやホワイトデーなど…さまざまなシーンのプレゼント用に愛されているチョコレートブランドですよね~。

ゴディバの専門店に行ってみれば、一粒が300円以上したりして…自分用に買うには、中々手の出しにくいチョコレーとも言えるかもしれません。

それでも、ゴディバのチョコレートを贈ることによってお相手様に、特別な思いや感謝を伝えることができるのは、ゴディバがブランドとして確固たる地位を確立しているからに、他なりません。

今回は、そんな老舗チョコレートブランドゴディバについてやチョコの種類を調べてみましたよ~♪

スポンサーリンク




ゴディバの由来について

ゴディバのチョコレート

ゴディバとは…Godiva Chocolatier、ゴディバ・ショコラティエが正式名称です。ベルギーのチョコレートメーカーでありベルギー王室の御用達だったことは有名ですよね。

元々、トルコの食品メーカーである、ウルケルの子会社ですので、現在はその傘下として、アジア、アメリカ、ヨーロッパなど各国でチョコレートや、関連商品の販売をしています。

ゴディバの名前に秘められた、心暖まる逸話とは?

ゴディバの名称やログマークは、イングランドの伝説に出てくるゴダイヴァ夫人(Lady Godiva)が由来なんです。

語呂…というか、響きが似ていますよね。それもそのはず、ベルギーでの発音としては『ゴダイヴァ(Godiva)』は『ゴディヴ(god ee’ va)」に近いんです。

因みに英語での発音は「ゴダイヴァ」になるそうです。そして、ロゴマークは馬に乗った裸婦なんですよ。ゴディバとどんな関係があるんでしょうか…。

レディ・ゴダイヴァについて詳しく知りたい

イギリスの町並み

ゴダイヴァは、英国の小さな町コペントリーに住む領主、レオフリック伯爵の美しい妻でした。

信心深かった二人は、初めに大修道院を建設したのですが幸いにも、その修道院が、宗教的にも社会的にも活動の中心になり成功を収めたことから

野心に満ちた伯爵は、次々と公共施設を建設、あらゆるものに税を課し、領民を苦しめていました。その勢いは留まることを知らず……肥料にまで税金をかけるほどだったそうです!

それを間近で見ていた、心の優しいゴダイヴァは、更なる重税を課そうとする夫、レオフリック伯爵に説得を試みました。しかし、伯爵は断固としてそれを拒み続けたんです。

悩み続けたゴダイヴァは、苦しむ領民を救おうと、夫の出す、酷い条件に従ったのです。

その条件とは…なんと!裸で馬に乗って街中を横断することだったんですって!

領民を救おうと慈悲深いゴダイヴァ夫人は、長い髪をたなびかせて、恥を忍んでその条件を果たしたそうですよ。

この勇気と深い愛に感銘したゴディバの創設者夫妻が人を思いやる深い愛をチョコレートにこめて、この名前をつけたそうです。

心に響く、素敵なお話ですよね…

スポンサーリンク


ゴディバのチョコにはどんな種類があるの?

プレゼントするにおいて、ゴディバで扱うショコラの種類を知っておくことは必須ですよね!そこで、代表的な5つのショコラをご紹介します。

チョコアイコン Pralin’e(プラリネ)

ヘーゼルナッツやアーモンドなどのペーストを主体に、カカオバターや特別なフレーバーを加えたものです。粒チョコレートのフィリング(中身)として使われるんです。

チョコアイコン Carr’e(カレ)

カレとは、フランス語で『四角い』という意味です。その言葉通り、シンプルなデザインでありゴディバならではの、芳醇なカカオの味わいを純粋に楽しめるんです。

チョコアイコン Ganashe(ガナッシュ)

ガナッシュとは、チョコレートに牛乳や生クリームを混ぜ合わせた、まろやかな舌触りのチョコレートです。

チョコアイコン Caramel(キャラメル)

キャラメルとは、生クリームや、バター、砂糖などを熱して溶かし冷やし固めることで出来上がるチョコレートです。ゴディバのキャラメルチョコレートは、クリーミーながらも、ダークチョコレートのほろ苦い味わいが特徴です。

チョコアイコン Truffe(トリュフ)

トリュフは有名なので知っている方も多いでしょう。そうです、高級食材の茸『トリュフ』に形が似ていることからつけられた名前です。

チョコレートの形もそのまま。中にはゴディバ自慢のガナッシュがつめられていて、周りには、液状のチョコレートコーティングがされています。

バラエティ豊かなトッピングも魅力のひとつですよね。

【送料無料】☆大切な人への贈り物に♪☆ ゴディバ GODIVA アソートメント チョコレート 12粒入り 詰め合わせ チョコレート菓子

ゴディバのチョコレートは、安いものでも3個入りで1500円くらいから、要は1個で500円位するってことですよね!

ばら売りなどでは1個300円くらいからあるみたいなんですがこのチョコレートは、店舗に行って直接買う方法しかないようです。

尚、ゴディバの会員になると(ゴディバクラブ)ポイントカードが作って貰え、たまったポイントに応じてチョコレートと、引き換えができるシステムもあるようですよ!

どんなチョコレートと引き換えできるのかは公式サイトにて見る事ができます。

 >>興味のある方は、ゴディバクラブ公式サイトへどうぞ♪<<

いかがでしたか?老舗、ゴディバの魅力についてしっかりご理解頂けたでしょうか?バレンタインの本命さんや、日頃お世話になっている上司や先輩、親戚などに贈るプレゼントとして、ピッタリのゴディバのチョコレート。

お中元やお歳暮、様々なイベントでの贈り物に…何にしようか~と悩んだ時今度は、迷う事無くゴディバのチョコレートに決められますね!

こちらの記事もおすすめですよ~♪

スポンサーリンク



コメントを残す