デトックススープをかぼちゃで作ってアンチエイジングを狙おう!

デトックススープはどんな野菜を使ってもいいんです!

甘くておいしいかぼちゃは、ダイエットはもちろんアンチエイジングも狙えるとのこと。

今回はこのかぼちゃを使ったデトックススープのレシピとかぼちゃ効果をご紹介していきますよ~(*’▽’)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

デトックススープに使うかぼちゃの効果を調べてみました

84e3027b4b1369a10ebffec41b457201_s

脂肪燃焼スープは基本的に6種類の野菜を使うと決まっているので、アレンジするとしても根菜類は使いません。

根菜類は糖質が高い部類の野菜となるので、糖質オフの食事を実践している場合は避けるべき野菜となってしまいます。

かぼちゃは根菜ではないですが、同様に糖質が高い野菜です。

ダイエット目的で3食のうち1食や2食を置き換える場合、食前に少し飲む程度であれば、根菜類でも特に気にせず使っています。

特に、根菜類は体を温める効果があるといわれている野菜たちなので、ダイエット目的として糖質を避けることも重要ですが、体を冷やさないことを考えるのも大切なことです。

大根やゴボウ、ニンジン、レンコンなどですね。かぼちゃも同様に使っています。

東洋医学ではかぼちゃは体を温める野菜

1b271177b8d17f641d4744505ad4afed_s

デトックススープをダイエット目的で飲む場合、やはり体を温めて代謝を上げる、という事が最も重要な事なので、そのような食材を使うのがベストでしょう。

かぼちゃは中央アメリカ原産のウリ科の植物で、カンボジアから渡来してきたことからかぼちゃと呼ばれるようになったようです。

ビタミンエースと言われる、ビタミンA、C、Eが豊富で特にかぼちゃのあの黄色はβカロテンの色であり、βカロテンは体の中に入るとビタミンAに変化します。

かぼちゃは特に皮に近い部分に栄養がたっぷり含まれていますが、かぼちゃの皮にはルチンと呼ばれる、ポリフェノールの1種が含まれています。

このポリフェノールに抗酸化作用があり、体をサビさせる活性酸素を除去して、アンチエイジング効果が狙える、というわけですね!

そして、東洋医学では虚弱体質の人が食べるといいといわれていて、胃腸を強くし、気力を補って体力をつけてくれる野菜なんです。

特に体を温める作用は、冷え性や虚弱体質の女性などに効果を発揮します。

鈴木あさみさんのデトックススープかぼちゃレシピ

デトックススープは普段の食事の前に1杯飲むだけで、身体を芯から温めて代謝を上げ、老廃物を速やかに排出してくれる効果が期待できます!

即効性を求めるダイエット用のデトックススープには、脂肪燃焼スープと呼ばれる6種類の野菜を使ったスープがあります。

こちらは脂肪燃焼スープを1週間、決められた食材を食べながら飲み続けます。すると、個人差はありますが大体1週間で3㎏は体重を落とせるとのこと。

私自身も脂肪燃焼スープ1週間徹底プログラムは3回位実践していて、そのたびに2~3㎏落とすことに成功しています。

今は、日常的に脂肪燃焼スープに限らず、デトックススープを食前に飲むようにしています。

最近は、デトックススープは痩せないって嘘でしょ?こんなアレンジ法知ってた?でご紹介した鈴木あさみさんのレシピでポタージュを作ることが多いです。

その中でも特にかぼちゃのポタージュは、自然な甘さがあるのでお菓子などの糖分を摂りたいという欲求がおさまります。


●身体が変わる! デトックススープダイエット 鈴木あさみ(TJMOOK)●

こちらの本の中のレシピでは、かぼちゃは黄色のスープの中で「ほうとう鍋風」にアレンジしたスープになっています。

鶏もも肉を入れて、赤味噌味仕立てになっている、ほっこり胃腸も休まる懐かしい味のスープです。

その他かぼちゃのスープといったら、普通にポタージュにしてもおいしいですよ。

じゃがいもは糖質が高いのであまりたくさんは使いませんが、少しだけアクセントで入れると旨みが増します。

ポタージュの場合はタマネギ、じゃがいも、かぼちゃをレンジでチンして柔らかくし、粗熱を取ってから、水、牛乳(豆乳でも)コンソメと一緒にミキサーでガーッとするだけで出来ちゃいます!

仕上げに生クリームで飾り付けると、ちょっとオシャレなかぼちゃスープになりますね。次からは、恒例の(笑)クックパッドで探してきたかぼちゃスープレシピをご紹介します!

スポンサーリンク
>>当サイトのおすすめまとめ記事はこちら♪<< 腸活に効果的なサプリランキング

デトックスかぼちゃスープほっこりレシピ5選!

-shared-img-thumb-150415021618_TP_V

デトックススープのかぼちゃスープは、置き換えに飲むようにすれば適度な糖分で満腹感を得られやすく、食欲を抑制してくれる効果も期待できます!

また、あまり食欲のない時にでも、少しだけお腹に入れると、身体の芯から温めてくれるので、手軽な栄養補給にも便利です。

かぼちゃと玉ねぎのデトックススープ by ちよたろーさん

先ずはかぼちゃスープの王道レシピからご紹介しましょう。

玉ねぎは風味が増すので入れたいですが、材料が足りない場合でも、かぼちゃとコンソメだけあれば十分おいしいスープが出来あがりますよ。栄養士さん直伝のスープだそうです。

<材料>
・かぼちゃ 300g
・玉ねぎ 中1こ
・水 200cc
・牛乳 100cc
・コンソメ 1こ
・オリーブオイル 大さじ1
・塩・こしょう 適量
・パセリ(かざり用) 適量

かぼちゃと玉ねぎのデトックススープ

かぼちゃたっぷり豆乳トマトスープ by さとみ0421さん 

豆乳とトマトって合いますよね! ここにかぼちゃが加われば、ほんのりした甘味とトマトの酸味で、甘さ控えめのデトックススープの出来あがりです。

このスープは豚ヒレ肉を使っていますが、鶏のササミやツナ缶でもいいかもしれませんね。

<材料>
・かぼちゃ 1cmスライスx2枚
・無調整豆乳 200㏄
・トマト水煮缶 1/2缶
・水 400㏄
・押麦 30g
・人参 5cm
・豚ヒレ肉 50g
・キャベツ 2~3枚
・コンソメの素 適宜
・塩こしょう 少々
・乾燥パセリ 少々

かぼちゃたっぷり豆乳トマトスープ

簡単♪ かぼちゃときのこの濃厚クリームスープ by emyoさん

かぼちゃだけでもおいしいですが、ダイエットスープとしてきのこは外せませんよね!

こちらのレシピではしめじを使っていますが、もちろんシイタケでもエリンギでもマッシュルームでもOKですよ♪ クックパッドで話題入りした噂のスープです!

<材料>
・かぼちゃ 1/4個
・玉ねぎ 1/4玉
・しめじ 1/2パック
・牛乳(または豆乳) 200㏄
・バター 大さじ1
・顆粒コンソメ 小さじ1
・塩コショウ 少々

 かぼちゃときのこの濃厚クリームスープ
*リンク先には動画もありますのでじっくりご覧ください(*^^*)

ココナッツミルク缶で濃厚かぼちゃスープ by nyanmama77さん

ココナッツミルクと言ったらタイカレーが思い浮かびますが、かぼちゃポタージュには欠かせない牛乳をココナッツミルクに変えてみたらどんな味になるんでしょうか。

ここに少しカレー粉を入れてみても更においしくなるかもしれませんね。

<材料>
・かぼちゃ 1/4個
・玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
・ココナッツミルク缶 300ml
・水 100ml
・塩 小さじ1/2
・お好みでサラダ豆など 適量

ココナッツミルク缶で濃厚かぼちゃスープ

変わり種!?かぼちゃのスープ玉 ジャックのスープ by まんまるらあてさん

こちらのレシピはハロウィン用に作られたようなのですが、スープ玉という発想がとても便利だと思ったのでご紹介します。

最近は手作り即席みそ汁で「みそまる」なんてものが流行っていますよね!そのかぼちゃスープバージョンのようです。

たくさん作って保存しておけば、いつでも飲めて便利ですよね。

<材料>
・かぼちゃ(正味) 200g
・塩 2つまみ
・マカロニ 20個
・牛乳 400㏄

変わり種!?かぼちゃのスープ玉 ジャックのスープ

こちらの動画は、王道のかぼちゃスープの基本的な作り方が見れますよ。

デトックススープを無理なく続けるためには、カット済み野菜を使うといった時短テクも有効です♪


まとめ

かぼちゃはあの色からもわかるようにβカロテンが豊富です!

皮の部分や種に栄養がたっぷり含まれているので、調理の前は良く洗って、皮ごと使うようにしたいものですね。

かぼちゃはあの甘味が癖になるおいしさですが、あまり食べすぎると糖質の摂りすぎになっちゃいます!

そこはほどほどに、たま~にデトックス目的でかぼちゃスープを作って飲んでみるといいですね。

こちらの記事もオススメですよ♪ 

スポンサーリンク
>>当サイトのおすすめまとめ記事はこちら♪<< 腸活に効果的なサプリランキング


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする