デトックススープは一週間で本当にダイエット効果があるの?

デトックススープダイエットは一週間で効果が実感出来ます! 私が以前野菜食にハマる前に実践して、確実に効果を実感しています。その時は3㎏痩せることが出来たのですが、実践してみた人たちはどの位の減量に成功しているのでしょうか?

スポンサーリンク




巷では様々なダイエットがありますが、1週間で効果が出やすいダイエットと言えば、このデトックススープがあげられます! なぜかというと、私が実際に3回ほど試してすべて減量に成功したことと、ダイエットの口コミサイトでも高い成功率があげられているからです。

デトックススープが即効性があるのは確証済み!

86e1b38f5ce1ae069a8fc00811da5d70_s

普段はデトックススープを食事の前に1杯飲む、という方法で健康維持という形をとっていますが、本格的にダイエットしたい、短期間で取り敢えず3㎏位は落としたい!というあなたは、デトックススープ(脂肪燃焼スープ)一週間徹底プログラムを一度試してみることをおすすめします。

口コミでは大体5㎏前後位落とされている方が多いようですよ。そして大抵は、1回で済まさずに間を開けて、2回、3回と実践するケースが多いんですね。それでトータル10㎏~落とされた方もいるようです。それだけ効果の高いダイエット方法と言えるわけですね。

デトックススープはなぜ速攻で痩せることが出来るのか?

デトックススープは脂肪燃焼スープとも呼ばれていて、その名の通り脂肪を燃焼するの!?と思われがちですが、簡単に言ってしまえば、摂取カロリーを思いっきり減らすことで痩せるのだと言えるでしょう。デトックススープ(脂肪燃焼スープ)一週間徹底プログラムの場合は、一週間に食べるものが決まっているので、好きなものを食べられるわけではありません。

全体的なイメージとしてはほぼ野菜スープのみ摂取する一週間というわけなので、痩せないはずがないんですよね(笑)それでも、短期間でどうしても体重を落としたい!という方は、一度試してみるとその効果がはっきりとわかるのではないでしょうか。

野菜だけのデトックススープをいくらでも食べていい代わり、我慢しないとならないこともあります。それは油、砂糖、糖質です。デトックススープの材料についての効果などについては脂肪燃焼スープ(デトックススープ)ダイエットのやり方とレシピ!をご覧ください。

スポンサーリンク



腸活に効果的なサプリランキング

デトックススープ一週間の決まり!食べていいものと避けるものは?

脂肪燃焼スープ野菜色々

デトックススープの中でも脂肪燃焼スープは、キャベツ、タマネギ、セロリ、ニンジン、ピーマン、トマトの6種類の野菜を使ったスープです。この野菜をざっくり切って鶏ガラや昆布、かつお節のだしでじっくり煮込めば完成です。お好みによっては和風だしだけにしたり、コンソメにしたり、その辺りの決まりは特にないようです。

そして下記が、一週間徹底プログラムのやり方となります。もう何度もご紹介していますがおさらいしてみましょう♪

    1日目:果物の日
    昼は脂肪燃焼スープ(デトックススープ)、またはゆで野菜・生野菜。野菜の種類は自由ですが、バターや油は使いません!夜は脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+バナナ以外の果物を自由に食べてOKです。

    2日目:おイモの日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)、または湯で野菜、生野菜。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+茹でたジャガイモかサツマイモを食べてOKです。

    3日目:果物・野菜の日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)
     夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+バナナ以外の果物や、茹で野菜、生野菜は自由に食べてOKです。ふらつくようなら、炭水化物を少しだけとっても。ご飯なら玄米ご飯をお茶碗に軽く1杯まで。

    4日目:バナナの日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+バナナ1本。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+バナナ1本
     たんぱく質を補うために、500mlの無脂肪牛乳を飲みます。バナナは1日3本まで!

    5日目:トマト・お肉の日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+トマト2~3個+茹でて調理した鶏肉か豚肉。または煮魚。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+昼と同じメニュー
     一日に1.5lの水を必ず飲む。お肉の分量は700gを超えなければいいので、ほぼ自由に食べてOKです!どうしても油を使いたい方は、オリーブ油をほんの少し使ってください。

    6日目:牛肉の日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+茹で野菜、生野菜、牛肉。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+昼と同じメニュー
     牛肉は好きなだけ食べてOKです!>肉の種類、焼き方も自由ですので、ステーキを2~3枚食べても大丈夫。

    7日目:ごはんの日
    朝、脂肪燃焼ジュース(スープ)。昼、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+玄米ごはん。夜、脂肪燃焼スープ(デトックススープ)+玄米ごはん。玄米ご飯は好きなだけ食べてOKです!

 脂肪燃焼スープ(デトックススープ)1週間(7日間)徹底プログラムの基本♪

  • 脂肪燃焼スープ(デトックススープ)は最低1杯は食べてください。もっと食べられるようなら、好きなだけ食べてOKです
  • 水分は毎日1.5~2lは飲むようにすると、毒素排出の手助けをしてくれます
  • 1週間徹底プログラム期間の水分ですが、体を冷やす働きのある冷水(氷水)や緑茶、コーヒーのとりすぎには注意です!オススメは、びわ茶、番茶、しそ茶です
  • 一日にとる果物の量は、リンゴなら1個、みかんなら3個程度が目安です

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)は、毎日飲むと飽きが来るかもしれませんよね? そういう時にはこんな味付けがオススメです!

  • しょうゆ…抗酸化力が強い。食後の血糖値上昇を緩やかにします。また、胃液の分泌も高めて、消化を良くしてくれます。
  • ポン酢…クエン酸が豊富に含まれているので、血糖値を押さえ、代謝アップ、疲労回復、カルシウムの吸収促進などの効果が期待できます
  • 味噌…血液をサラサラに!大豆を使っているのでイソフラボンが豊富です。女性にはうれしい成分、効果で知られていますね
  • チリソース、カレー粉…チリソースの辛味に含まれるカプサイシンが脂肪燃焼効果をアップしてくれます! カレーも同様ですね。1分ほど煎って加えてください

デトックススープダイエットで体をリセットリフレッシュ!

-shared-img-thumb-BIS151026523938_TP_V

デトックススープは1杯が約100kcalしかありませんので、一日に10杯食べても1000kcalですよね!(実際にはこんなに食べることはありえないと思いますが…)ここに一週間で決められた食材を食べて、最終日には玄米の日を迎えます。

大抵はこの一週間で少なくても1.5kg~5㎏は減量するとの口コミです。しかし、一気に体重を減らせるからと言って、続けてやり続けるのは危険です! デトックススープ一週間プログラムは、先にお伝えしたように、極端に脂肪、糖質、たんぱく質が不足しています。

これを続けると栄養不足となってしまいますので、やはり一週間でガッと減らしたら、間を開けてまた実践する…という形がいいでしょう。大体月に1~2回実践する形が丁度いいですね。

そしてデトックススープの何がいいかというと、ただ体重を減らせる、というだけではなく食生活の改善になる、という事が本当に大きいと思います。普段、野菜をあまり食べていない場合、野菜自体に抵抗がなくなってきますし、何より、野菜本来の美味しさがわかるようになります。

その為、普段から食べ過ぎていた体をリセットすることが出来て、デトックススープ一週間徹底プログラムを実践した後は、それほど食べなくても大丈夫な体に変化していきます。現代社会では食べるものに困ることがないので、みんな食べ過ぎています! ここは一度プチ断食まで行かないまでも、一気に摂取カロリーを抑えてみて、ご自分の体がどう変化していくのか見てみる必要があるのではないでしょうか。

私は様々なダイエット法を試して、現在は一日一食に落ち着いています。正確には夕飯を食べた時間から16時間以上開けて次の食事を食べるという方法です。お陰で物凄く元気になり、パワフルに動けるようになっています。

いきなり食べる量を減らす、というのは難しいと思いますので、先ずはデトックススープ(脂肪燃焼スープ)一週間徹底プログラムを実践して、食べ過ぎている身体をデトックスして、リセットしていくことをおすすめします。

こちらの記事もオススメですよ♪ →スザンヌ発!脂肪燃焼スープの驚くべき効果とは?作り方は?

スポンサーリンク



腸活に効果的なサプリランキング


コメントを残す