腸活は妊活にも効果があるって本当?妊娠しやすいカラダ作りとは?

「さすがに腸活と妊活は関係ないんじゃないの?」と思われる方も多いでしょう。しかし、妊娠しやすい体づくり、という点では全く無縁ではありません!

むしろ、お母さんの健康のため、赤ちゃんのためにもぜひはじめていただきたいのです!

赤ちゃんが欲しい女性であれば、なるべく病院のお世話にならずに自然に授かりたいと思うものです。

「腸活をすれば妊娠する!」というわけではありませんが、腸活は妊活にとってメリットが多いのです。

今回は、妊活を成功させるために腸活をとりいれることで、妊娠しやすいカラダ作りの方法をお話ししていきます。

スポンサーリンク


腸活で妊娠しやすい体づくり!3つのポイント!


妊活中の女性
赤ちゃんは産道を通ってくるとき、お母さんの大腸菌をもらって出てくるといいます。未来の赤ちゃんのため、妊娠する準備としても健康な腸を手に入れましょう。

まずは、腸活をすると妊活のためにどのようなメリットがあるのかを見ていくことにしましょう。

1、冷え性の改善

妊活のひとつに「体温をあげる」ことがあります。「冷えは万病の元」といわれるほど、さまざまな不調の原因になり得ます。

さらに女性の場合、体が冷えると自律神経がみだれ、女性ホルモンのはたらきが悪くなり、卵巣の機能も低下するのです。

人間は体温を36.5度以上に保つと病気になりにくいといわれています。自分の平熱がそれよりも低ければ毎日の生活で体を温める工夫をしましょう。

2、便秘の解消

何日もお通じがないと腸の中に溜まった便は腐敗し、悪玉菌が繁殖します。

腸内菌のバランスが崩れると免疫力が低下し、やはり冷えや体調不良につながります。

便秘を解消すれば免疫力も上がり、病気知らずの体力のある元気な体づくり第一歩と思って取り組んでください。体温を上げるとお通じもよくなるんですよ。

3、加工食品、甘いものは避ける

とくに加工食品に含まれるトランス脂肪酸は要注意です!

トランス脂肪酸は免疫力を下げ、卵巣の機能も低下させる食べ物。

食べないにこしたことはありませんが、菓子パン、マーガリン、クッキー、スナック菓子、冷凍食品など私たちが日常的に食べるものに含まれているのです…。

マーガリンをバターにかえる、冷凍食品をやめて自分でつくりおく、などして対応しましょう。

妊活中の人はストレスもよくありませんので、自分がしんどくなり過ぎない範囲で始めるのがいいと思います。

スポンサーリンク
>>当サイトのおすすめまとめ記事はこちら♪<< 腸活に効果的なサプリランキング



自律神経を整えれば腸活にも妊活にもいい!


妊活中で基礎体温を測る女性
冷えが自律神経のみだれの原因になりうることはお話しました。

逆もまた然り、自律神経の乱れは精神状態にも健康にも大きな影響をあたえます。では、自律神経にいい習慣、悪い習慣をみてみましょう。

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]
自律神経にいい習慣
・毎日決まった時間に起床、就寝
・朝日を浴びる
・適度な運動をする
・質のいい睡眠をとる

自律神経に悪い習慣
・夜更かし
・冷え
・ストレスをためる
・入浴をシャワーだけですませる
・深酒をする

[/colored_box]
生活と心にゆとりを持たせることがポイントです。

「そんなの忙しくて無理!」とおっしゃらず、サボるのではなく自己管理のために休むと考えてはどうでしょうか?

赤ちゃんを迎えるために規則正しい生活を心掛け、心も体を整えていきましょう。

まとめ


腸活と妊活は重なるところが多いと思われた人も多いのではないでしょうか?

やはり、美しく健康であるためにはやることは同じ!ということなのかもしれません。

私もかなり昔の話ですが、ガムシャラに働いていたとき、ホルモンバランスのみだれから体の不調で婦人科にお世話になりました。

先生に「お仕事をされている女性は生活リズムが不規則、元気なようにみえて、体はボロボロで疲れている人が多い。不健康になるのはあっという間だけど、体力があるうちに改めないと後悔するよ!」と叱られました。

その当時は先生のおっしゃる通り、体の不調が戻るのに2年かかりました。

やはり心身ともに健やかであってこそ、赤ちゃんも安心してお母さんのもとやって来られると思うのです。

ですが、妊活も子育ても夫婦の協力があってこそ!旦那さんと一緒に腸活をはじめて夫婦そろって健康な体を目指してください。

こちらの記事もおすすめですよ~♪



スポンサーリンク
>>当サイトのおすすめまとめ記事はこちら♪<< 腸活に効果的なサプリランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする