1日1500kcalダイエットは痩せないの?成功のためのメニューは?

みんなのダイエット体験談では、実際にダイエットしている方から聞いたお話を掲載しています。

一日の摂取カロリーを1500kcalに抑えるダイエット法は痩せない!なんていわれていますが、私は3ヶ月で5kg痩せたことがあります。

今では有名になったタニタ食堂も一食500kcal前後、三食で1500kcalになるように献立が考えられていますよね。

レコーディングダイエットと近いところもありますが、今回は、私が実際に1日1500kcalダイエットを試して得られた体験談をご紹介します!

スポンサーリンク




目標3ヶ月で-5kg!即効性のあるダイエットを選択

料理する女性

ダイエットをするにあたり、食事制限を避けて通ってきた人はいないのではないでしょうか?

私が1日1500kcalダイエットをしていた頃、夏~冬にかけて3kg体重が増えていました…。

そこに友達の結婚式の招待状が届き、これは出席する春までに早急に痩せなればと焦った結果、即効性があって効果が見込める方法を選びました。

当時、運動量も多かったので食事制限にはそれほど気をつかっていませんでした。

揚げ物は避けて、ご飯の量は少なめを心掛ける程度。お酒が好きなので、毎日の晩酌は欠かさず、おつまみなしで缶ビールだけなら大丈夫!と謎の自信がありました…。

今思い返すと暴飲暴食…。お酒って太るんですよね~。

兎にも角にも、友達の結婚式を控えた3ヶ月で増えた体重3kg分と欲を出してプラス2㎏、合計5㎏の減量を目標に始めました。

スポンサーリンク



1日1500kcalの食事制限スタート!成功のためのメニューは?

タニタ本

始めるにあたり書店で『タニタの社員食堂』と『カロリー表記手帳』を購入。

カロリー表記手帳は色々な種類があるので、自分の欲しい情報が載っているものを選ぶのがいいと思います。

全国チェーンのお店だとメニューにカロリーの記載をしているところも多いのですが、個人経営のカフェ、飲み屋さんにはありません。

なので、食べ物のカロリーが大体どれくらいなのかザーッとみて知識として持つことにしました。

家でご飯を食べるときは『タニタの社員食堂』を参考にしながら調理。

毎食500kcal、1日で1500kcalを目安に、夜に付き合いがある日は朝と昼を軽めにして、翌日も野菜中心の食事をするようにして帳尻あわせ。

好きだったお酒は炭酸水で我慢。

最近はノンアルコールでも美味しいものが多いので、そこまで苦労しないのかもしれませんが、当時はありませんでした。

ビールののどごしが好きだったので、炭酸水で誤魔化すことに成功。

甘いものを抜くのもつらかったのですが、1週間ガマンすればもう欲しくなくなりました。白砂糖って本当に依存するんだな~

●タニタ食堂の最新刊です!

1日1500kcalダイエット成功!しかし、長くは続かなかった…。

落ち込む女性

結論からいうと3ヶ月で5kg痩せました!

友達の結婚式までに!という具体的な目標があったから頑張れたというのが大きいと思います。

きっちり1500kcalでストイックにやったので我慢我慢…の連続。

あまりに急に痩せていったので周りから心配されました(笑)

序盤はスルスル体重が落ちていったのが嬉しくて、1日1000kcal以下に抑えることもあったのですが、日中低血糖の症状が出て「これはいけない」と思い、タニタ食堂が活躍してくれました。

で、問題はその後です。

結婚式で美味しいものをモリモリ食べて、お酒を飲んで、ケーキも食べてを満喫したらそこでフラストレーションが爆発してしまったようで、その後は2ヶ月で3kgリバウンドしました。

結局半年かけて痩せて増えて元の体重に戻ったんです(笑)

実際日頃の食生活にもよるのだと思いますが、1日1500kcal以上食べている人は当然、痩せます!効果はあります!

しかし、やめるとリバウンドが待っています。

毎日絶対ここまで!と決めずに、週2~3日調整日をつくって続ければよかったのかなと反省しました。

まとめ

食事制限は即効性はあれど、長期的に続けていけないのが難点だと思います。

運動と並行してやったり、調整日を上手に入れたりできる人はリバウンドせずに成功させられるはず!

このダイエットで学んだことはあまり自分を追い詰めすぎないこと。我慢すると、どこかで弾けてしまう。

私は元の食生活に戻ることになりましたが、食べないダイエットに拍車がかかる人もいるのだと思います。

体重が落ちるって嬉しいし気持ちいいことですし!

ダイエット成功の鍵は「急がば回れ」コツコツ長期的に…と実感しました!

食べる順番ダイエットは効果なし!との噂は本当でしょうか?

スポンサーリンク




コメントを残す