オリヅルランは猫ちゃんの天敵です!安全にオシャレに飾れるアイデアはコレ!

我が家では、インコと共に猫も飼っています。

インコは特に、気をつけるような毒性の植物はないようなのですが…猫ちゃんにはあるんです!基本的に、つる性、ユリ科の植物がいけないようです。部屋で飼っている猫ちゃんにとって一番気をつけないとならない植物といえば?

そう、観葉植物ですよね。

観葉植物の中でも有名で、おしゃれな植物の代表的なものはポトスやオリヅルラン、ベンジャミン、ゴムの木などがありますよね。

その中でも、ポトスやオリヅルランは要注意なんです!

スポンサーリンク




それでも、何とかオシャレに飾りたい…というあなたに、猫ちゃんと共存できるとっておきの飾り方を教えちゃいますね!

オシャレな飾り方の前に…先ずは、猫ちゃんにとって中毒となる植物、その対処法などを調べてみました。

猫には毒を見分ける能力がないの?

リン窓辺

猫が草を食べるのには、毛づくろいをした時に、飲み込んでしまった毛玉を吐き出す際に刺激が必要なとき。遊びの延長や、胃の不快感を解消するために先端の尖った草を、好んでかじったりします。

よく餌などでは、匂いなどで毒性のあるものを見分ける…などと言われていますが、草を食べることに関しては、毒性を見抜く性質は持ち合わせていないんですね。なので、私たち飼い主が注意をしてあげないといけません。

中毒になったときの、猫ちゃんの症状は?

中毒になる植物は、何も観葉植物(草系)に限ったものだけではなく


シクラメンやカラー、ユリ、クリスマスローズ、すずらん、アセビやレンゲツツジなどのツツジ類、球根類、有名な花ですと、チューリップや水仙、クロッカスなどですね。

また、ケシ、ナデシコ、シャクナゲなどは一般的にも毒性があることで知られています。その他にも、ジャスミンやナス、トマトの葉や茎など…

特にナス科の植物は、嘔吐や下痢、皮膚炎や腹痛などを引き起こすので注意が必要です。

ナスの花

猫ちゃんが、お腹が痛そうに丸まっていたり、じっとしていたり、口の周りに白い泡がついていたり、涎が多かったりした時は室内の植物を食べて、中毒になっている可能性が大きいです!

様子がおかしいな…と思ったらすぐに動物病院に連れて行ってあげてくださいね!

レントゲンでわかることもあるのですが、嘔吐に関しては、短時間のうちに何枚もレントゲンを撮ったりして詳しく調べないと、原因がわからないこともありますし、調べられる猫ちゃんにとっても大変負担となってしまうことが多いので出来るだけ早く診てもらうことをお勧めします。

スポンサーリンク


猫ちゃんが食べてしまわない為の植物の飾り方

オリヅルラン缶

我が家には、オリヅルランとポトスが沢山あります。

特にオリヅルランは、とっても丈夫な観葉植物なので、適度の日が当る場所におき、水さえやっていればじゃんじゃか子株が出てきます。水耕栽培のようにしても、すぐに根が生えてくるんですよ。

うちでは、スープやソースを作るのにトマトのカット缶をよく使います。なので、沢山空き缶が出るんですね。それに水を入れて、オリヅルランを入れておきます。すると、簡単に根付いてくれるので、どんどん増やして飾っています。

缶に入れたものは、100均などで売っている小さなカゴに入れて、ぶら下げて飾るんです。

↓ こんな風にですね。

オリヅルランかご1

キッチンの出窓はとても狭いのですがそこの部分にも、丁度いい具合におさまってくれてます♪ こちらは、缶に入れたオリヅルランとポトスのミックス飾りです。

花のきれいな時期には、一緒にさして楽しんだりします。

キッチン窓辺
ちょっと逆光気味ですね…

高いところに飾っても、元気のいい猫ちゃんは簡単に登ってしまいますが、それでも死角になるような場所がありますよね。

そういうところに飾っておくと毒性があって危ない…といわれる植物やお花でも危険無く飾って、猫ちゃんと共存することが出来ます。

同じ猫ちゃんを飼っているあなたの参考になれば幸いです(^_^)

猫ちゃんの育て方や困った癖を治したい!猫ちゃんの気持ちを詳しく知りたいあなたは、飼い主さんのお悩みもこれで解決!ヒトと猫の生活情報誌【ねこのきもち】を読んでみると、沢山の画像付きでお勉強出来ちゃいます♪ 付録の猫グッズは、どれも猫ちゃんに大人気で、ハズレがないと評判です!

ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」

PAP_0048
愛猫リンはこのキューブが物凄くお気に入り♪ 他にもブラシやおもちゃ、猫マットなどなど…猫の習性や大好きなものを研究しつくしたかのようなグッズが付録についてきます!

こちらの記事もオススメですよ~♪

スポンサーリンク



コメントを残す