私が野菜食(ベジレシピ)にハマったきっかけとは?

私が野菜食を始めようと思ったのは、ダイエットが目的でした。こちらの記事でも書いていますように、手始めにチャレンジしたのが『脂肪燃焼スープの1週間徹底プログラム』だったんですね。

このプログラムでは、とにかく朝、昼、夜とスープを飲みつつ…1週間は、決められた食べ物しか食べられません。

スポンサーリンク




脂肪燃焼スープから野菜食(ベジレシピ)へ…

ベジレシピのパスタ

脂肪燃焼スープ…特に、最初の4日間は、ほとんど生野菜や蒸し野菜にスープといったもので、炭水化物を全く摂れないので、少し辛い感じがありました。


*補足として、あまりふらつくようならば、少しだけ玄米ご飯を食べていいとあります。*

後半では、お肉を食べられる日もあるのですが、私は2回目のチャレンジで、物凄い下痢に見舞われました(/_;)

どんな症状かというと……とても詳しくいえないほど初めて経験する酷さでした;当時は、風邪でも引いてしまって 
お腹に菌でも入ったのかな?と思い、病院に行って薬を貰って、その日は仕事を休みました。

結局その酷い下痢は、一日で治まったんです。でも、後から思えば、あれは悪いものを排出する、いわゆる、『好転反応』『解毒作用』と呼ばれるものだったのかもしれません。

普通は、そういう反応が出ると、自分にはこのプログラムは向いてないのかなぁ?などと考えて止めてしまう人などが多いみたいなんです。

私は、それを知っていたので乗り越えることが出来ました。そんな経験から、脂肪燃焼スープ1週間徹底プログラムさえやれば少しずつでも、痩せていけると信じることが出来たんですね。

でも、ダイエットにしても健康のためにしても、今後もずっと続けていける方法が、絶対に必要だとわかっていました。

スポンサーリンク



野菜食はサラダやスープ、蒸し野菜だけなんかじゃないんです!

サラダ

脂肪燃焼スープの実践は、2週間くらい開けてください。

とありましたので、大体月に一度、多くて二度くらい出来るかな、と思っていました。でも、それ以外の普段の食事はどうしたらいいだろう…というのが、頭をよぎったんですね。

ナチュラル・ハイジーンや、ローフードは、ほぼ、生野菜(サラダ)を食べるというのが定番でした。サラダも慣れると、手作りドレッシングなどを作ったりしてとても楽しく美味しくいただけるものですが、やはり、そればかりでは飽きてしまいそう……

そんな時に出会ったのが
野菜だけを使い、卵・乳製品なども一切使わない料理だったんです。

お肉自体は、普通に食べるのが当たり前になっていたので、完全に止められるのかなぁ、という不安もあったんですが、食べない日々を過ごしているうちに、どんどん身体が軽くなり、体調がよくなっていくのがわかったんです。

それで、次第にお肉を食べる回数が減っていきました。

野菜だけを使ってハンバーグを作ったり、餃子やシュウマイもお手の物。そんなレシピ本を沢山見ていると、家に野菜があるのが嬉しくなってくるんです。

次は、どんなもどき料理を作ろうかなぁって(笑)そんな中でも、一番ハマったのがナッツやお野菜、玄米などをパテにして作る【ベジバーガー】です!

ベジバーガー2

たまたまパンも手作りしていたところだったので、そのパンを使って作ってみたら、その美味しいこと♪ 元々、ハンバーグが好きなこともあってか…スッカリ虜になってしまいました。

ベジバーガーは、ベジタリアンレストランやカフェでは、定番のメニューなのですが、自分なりに色々アレンジするのが面白いんです。

こちらの記事もおすすめですよ~♪

ダイエットの方法やお悩みなど、気になることがあればお気軽にメールしてくださいね!
 凜音にメールしてみる?

スポンサーリンク




コメントを残す