脂肪燃焼スープダイエット!アレンジにも便利な○○とは?

脂肪燃焼スープダイエットは、鶏ガラスープやコンソメベースの野菜スープを1週間ストイックに飲み続ける方法です。厳密なやり方はありますが、基本はスープを飲むだけです。そして、月に2回ほどやってみるといいと言いますが…毎日朝昼晩野菜スープって……

飽きますよね?

そんなあなたに、ちょっと変わったアレンジ法をご紹介しますね!

スポンサーリンク




ダイエットだからって、食べないダイエットは良くありません!

NGポーズ

一時的にカロリーを減らせば、確かに体重はすぐに落ちるでしょう。でも、長く続けるものではありませんし、何より綺麗に痩せられないからです。そんな中でも、普遍的に名前の知られているダイエット法といえば、このブログでも何度か取り上げている、

脂肪燃焼スープダイエット

ではないでしょうか。この脂肪燃焼スープはデトックススープとも呼ばれていて、飲み続ける事によって体の中から老廃物をしっかり排出してくれる効果が期待できるんです!特に1週間徹底プログラムは、長く続ける、というよりは即効的に痩せたい!という人向けですが、野菜を温かなスープで摂る…というやり方自体が、デトックスを促し、体には優しいダイエットですよね。

脂肪燃焼スープに飽きないためのちょっとした工夫とは?

基本的に、脂肪燃焼スープを実践する場合は1週間と決まっています。初めてされる方は、1週間で2~3㎏減が目安になりますね。私の場合は、ステロイドという中々痩せにくい薬を服用している身でしたが、脂肪燃焼スープダイエットでは楽々2㎏痩せました。

脂肪燃焼スープの基本的な作り方と、各野菜の効能などについては脂肪燃焼スープの驚くべき効果とは?作り方は?を読んでみてくださいね!

飽きない為の工夫その1、味付けにこだわってみる

スパイス

【脂肪燃焼スープダイエット】デトックススープのアレンジ!1週間徹底プログラムとは?にも書いてある通り、脂肪燃焼スープの基本味付けは塩味です。

出汁として使っているのが、かつお節、昆布、鶏ガラスープなので私のオススメのお塩は『藻塩』と呼ばれるお塩なんですね。

基本的に和風だしの味わいが強いので、日本のお塩が合うと思います。でも、鶏ガラスープは中華風でも、洋風でも合うお出汁なので、外国産のお塩を使ったり、ハーブが入ったクレイジーソルトや香りソルトなどを使ってみるのも、また飽きが来ないでいいですよ。

一番のオススメの味付けは、やっぱりカレーですね。お肉が入っていないので、お野菜だけのベジカレーになりますが、5日目のトマト、お肉を食べていい日に合わせて食べると、いい感じに満腹感を味わえて、ちょっと新鮮味があるんですよね。

また、ちょっと変わり種としてオススメなのは、『ウェイパー』という中華の調味料を使うことです。

ウェイパー

こんな感じの赤いチューブに入ったものです。因みに、同じタイプで缶のものもありますが、そちらには、砂糖が入っているので注意が必要です!ウェイパーは、中華料理の味付けにはとっても万能なんです。それも、ほんの少しの量で物凄く深い味わいになるんですよ。

醤油や、ポン酢、カレー味に飽きた時には、ぜひお試しください!

スポンサーリンク


飽きない為の工夫その2、調理法を変えてみる

キッチン女性

お野菜って蒸し煮という調理方法をすると、野菜本来の甘味が引き出されるって知ってましたか?先ずは、トマトを除いたお野菜を全部入れてくださいね。

お野菜の蒸し煮のやり方
小さなお鍋に野菜を入れたら、軽く塩をかけます。
後はお水を50㏄ほど加えて(焦げ付き防止)
極々弱火で蓋をしてじっくり煮ます。

初めは蓋をして10分位、その後は野菜のカサが半分位になりますので、一度大きく掻き回してから5分ほど煮てください。その後はトマト缶とひたひたの水を入れて煮ていきます。

いかがでしたか?飽きない為の工夫、色々ありますね。

脂肪燃焼スープダイエットは、大変効果が高いことがわかっています。なので、ダイエット目的以外に、定期的な体のデトックスなどにも利用すると、益々その良さが実感出来るんではないでしょうか。

こちらの記事もオススメですよ♪ ⇒デトックススープは痩せないって嘘でしょ?知ってた?実はこんなアレンジ方法があるんです!

スポンサーリンク



コメントを残す