糖質制限とMEC食!野菜果物ヘルシー神話の謎を探る!

糖質制限とMEC食は、糖質を控える食事法という意味では同じように感じますが、実際にMEC食の方は肉、卵、チーズをメインに食べる食事法ですので、野菜、果物の摂取を重視していません。

一方、糖質制限の方は、糖質制限を世に広めた、京都の江部医師も実践しているように野菜はそれなりに必要との考え方のようです。

私自身は、>>糖質制限vsベジタリアンどっちが痩せるのに効果的? <<

でも書いたように、糖質制限とMEC食のいいとこどり、のような食事法を実践しているので、肉、卵、チーズのみに拘らず、野菜、豆腐、キノコなども食べています。

一般的には、野菜・果物はヘルシーとの考えが広まっていますよね。この考え方がどこまで本当なのか、私なりの考えを纏めつつ、探っていきたいと思います♪

スポンサーリンク




流行りのスムージーって本当にヘルシーな飲み物なの?

芸能人や有名モデルさんなどがこぞって取り入れていることもあって、野菜、果物をミキサーやジューサーで撹拌して作る飲み物

スムージーが人気ですよね。

ジュース

しかし、実際にはスムージーを飲んだからと言って、こんな凄い変化がありました~!などという体験談はあまり見つけることが出来ませんでした。反対に、スムージーを飲んでいるけれど、本当にヘルシーな飲み物なの?ダイエットに効くの?健康になれるの?……といった、効果が実感出来ない意見が多かったんですね。

スムージーを飲むことで得られるメリットといえば、単純に一日の野菜摂取量を、カンタンにしっかり摂れる…ということに尽きるでしょう。

人が一日に必要な野菜の量は350gと言われていますが、それだけの量を、野菜丸ごとそのままの状態で摂るのは凄く難しいですよね。
ミキサーやジューサーでガーッとやるだけで出来てしまう簡単お手軽なジュースを飲むだけ、というのは、忙しい現代社会人からすると取り入れやすい物には間違いないでしょうね。

でも、野菜や果物に含まれているビタミンなどは、高速で撹拌することで、殆どが壊れてしまうんだって知ってますか?

スムージーを飲むメリットとして、野菜・果物を十分に摂るという他にも野菜・果物に含まれる栄養素を摂取する目的もあると思うんですよね。

でもこれは本当に意味のないことのようですよ?

まぁ、そこを見越してか今は、低速ジューサーやコールプレスジューサーが売り上げを伸ばしているようです。特に、この手のジューサーを使って作られたジュースクレンズ(いわゆるジュースを使ったファスティング/断食)用のジュースを
ローラをはじめとする有名モデルさんが取り入れているということで話題になっていることもあるんですね。

ファスティングがいいか悪いかは、ここでは特に取り上げませんが、野菜は撹拌してドロドロにしてしまうよりしっかり咀嚼して食べた方が、栄養をバッチリ摂り入れられます!

しっかり噛むことがいいと言うのは、MEC食でもカムカム30として必須となっていますよね。

結局の所、スムージーは本当にヘルシーなの?という謎については、やはり賛否両論となるでしょうが…私なりの考え方としては、特にヘルシーだとは思えません。

野菜を摂るならサラダでしっかり咀嚼か、細かくしてしまわず野菜の形を残した、温かなスープで摂ることがベストです♪

野菜を食べることでダイエットしたかったり、健康になりたいあなたには脂肪燃焼スープをオススメします。

先ずは

>>脂肪燃焼スープの驚くべき効果とは?作り方は?<<

を読むことから始めてみてくださいね!

スポンサーリンク


果物はビタミンCたっぷり!食べれば食べるだけヘルシーなんでしょ?

糖質制限を理解しているのであれば、果物が太り易い食べ物(=NG食材)だ、ということは当然のことでしょう。

ただし、果物に含まれる『糖』は糖質制限でNG食材とされている、お米やパスタ、お芋などと違って『ブドウ糖』ではなく『果糖』と呼ばれる糖の種類となります。

ブドウ糖は血糖値を急激に引き上げますが、果糖は血糖値が殆ど上がらず、インスリン分泌もわずかです。しかし、ここに落とし穴があるんですね~。

果物

果糖は代謝する時に、他の糖質とは違いすぐにエネルギーとして使われます。ですので、運動中に果物を食べてもどんどん燃やしてくれるので問題ないんです。

マラソンランナーやテニスプレイヤーがプレイ途中にバナナなどの果物を食べているのを見かけますよね?実は、あれは理に適っている摂取の仕方なんですね。しかし、ろくに動く状況でもなく、おしゃべりをしながら、テレビを見ながらおやつ代わりに食べる…というのは、一番いけない果物の摂り方なんですね。

使われない果糖は凄い勢いで中性脂肪に変わってしまうんですよ!

特に果物に含まれる果糖は、糖化するのが早いです。

果物を摂るなら朝!
これから活動してエネルギーを沢山使いますよ~という時に食べるなら問題ないでしょう。

後、女性の場合は出産後の授乳期などはお腹の赤ちゃんに栄養をたっぷり持っていかれますので、果物で摂った糖分(=果糖)がダイレクトに中性脂肪になることはありません。殆どが母乳となって、赤ちゃんの栄養になるんです。

それでも太ってしまう場合は、食べるものや食べ方に原因があるので、その時は、現在の食生活を見直してみましょうね。

さて、野菜果物のヘルシー神話の謎は解けたでしょうか?

私自身は野菜食にして暫くしてから、体調を崩してしまったこともあり、野菜、果物を摂ることに関しては特に慎重になってしまいます。

でも、全く摂らないというのはやはり、栄養バランスの面で気になる、ということもありますので、ただ、野菜だけを食べてヘルシーだ、と思わずに野菜「も」食べるからヘルシーなんだという考え方にシフトしていきたいですね。

こちらの記事もオススメですよ!
⇒菜食やめました!糖質制限…アレから2ヶ月の経過とMEC食について

スポンサーリンク



コメントを残す