花粉症の季節!ステロイド注射の副作用って怖いの?

花粉症と言えば、一年中何かの草に反応して、どこかで誰かが、くしゃみをしまくってるイメージがありますよね。昔はこんな風に毎年苦しめられることなんて、無かったんではないでしょうか。

花粉症も、ただのアレルギーなんかでは済まされなくある意味、現代病の一つになりつつあるのかもしれません。

そんなつら~い花粉症、即効的に効果のある治療方法があると聞いて調べてみました。知る人ぞ知る、そう、『ステロイド注射』です。

しか~し!このステロイドという薬には、とっても厄介な副作用がいっぱいあるんですよ!そんな所も踏まえて、ステロイド注射が、花粉症に有効なのかどうか一緒に見て行きましょうね!

スポンサーリンク




ステロイド注射って一体どんな治療法なの?

花粉症の薬で一般的なものは
やはり、服用タイプの錠剤とか、カプセルですよね。

でも、酷いものになるとすぐに眠くなってしまったり
だるくなったり、やたらに喉が渇いたりする
副作用があります。

仕事をしている方にとっては、少し扱いにくい薬ですよね。

ステロイドとは?

人間が本来、副腎皮質で分泌しているホルモンを
人工的に作り出した薬剤
のことなんです。
(正確な名称はステロイド剤)

主に炎症を抑える効果があるので、花粉症の場合
ヒスタミンによって引き起こされる『目の結膜の炎症』
『鼻の粘膜の炎症』
を鎮めてくれます。

あらゆるアレルギー反応を抑える働きがあるので
様々な免疫系の病気の、
切り札的存在として利用されています。

管理人自身は、社会人になったと同時くらいに
酷い花粉症になってしまったのですが

その後、一般的に『難病』と呼ばれる病気を患ってから
突然のように、花粉症から解放されてしまいました。

なぜなんだろう……

考える女性考えてみたところ、

まさにその病気を治療する為の
切り札ともいえる薬『ステロイド(プレドニン)』
によるものだとわかりました。

その病気もある意味、炎症を抑える必要のある病気なので
ステロイドがとても効果のある治療法なんですね。

なので、知らぬ間に服用していた『ステロイド』によって
花粉症とは無縁になっていたということでした。

このように、ステロイドには確実に
花粉症に効き目があることは立証されています。

しかし、ステロイド注射…については
実に賛否両論があるようですよ。

スポンサーリンク



花粉症にステロイド注射はオススメできない?

ステロイドが、花粉症に効果があることは
間違いのない事実でしょう。
現に、管理人自身が経験しているので
そこは、かなり断言できますね。

でも、どうせ治療に使うのであれば
ステロイド注射よりは、服用タイプの錠剤のほうがオススメです。
勿論、どちらもステロイドとしての副作用があることは
避けて通れない事実です。

一般的に言われている、ステロイドの副作用は…

●感染症にかかり易くなる(カビや命に関わるもの)
●副腎機能の低下による、身体の倦怠感
●満月様顔貌や、顔面紅斑など
●月経不順(止まってしまったり、逆に止まらなくなったり)
●糖尿病・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
●精神障害(うつ病など)
●高血圧
●肝機能障害
●白内障・緑内障(視力、視野障害など)
●骨粗しょう症

これだけの症状が出るといわれています。
しかし、副作用は本当に人それぞれであって
全ての症状が全ての人に出るわけではありません。

管理人も、ステロイドの服用によって副作用がありますが
この中では一部だけに留まっています。
それでも、副作用が出てしまうのは事実で。

特に女性に辛い症状が出やすいことは避けられませんね。
こればかりは防ぎようの無いものですよね。

なので、いかに上手く副作用と付き合いながら
花粉症と戦っていくか…だと思います。

ステロイド注射は、内服に比べて
はるかにリスクが高い
、ということを認識した上で
使用するかどうかを考えるべきでしょう。

錠剤の場合は自分でコントロールできる部分もありますので
例え、副作用が現れたとしても
その都度、調整することは可能なんですね。

しかし、ステロイド注射の場合
効果が1ヶ月続く代わりに、副作用も1ヶ月続いてしまうんです。

なので、重篤な副作用が現れてしまった場合に
簡単に対処するわけにはいかなくなってしまいます。

こういう危険性を伴ったステロイド注射。
多少のリスクを伴ってでも、楽になる方法を選びますか?

花粉症は、薬に頼る他にも
マスクやメガネをして防いだり、と…
色々な対処法があります。

花粉症マスク

是非とも、薬以外の方法で楽になる対処法を探してみたいものですよね。

こちらの記事もおすすめですよ~♪

スポンサーリンク




コメントを残す