【泣ける犬の話】ある犬のおはなし(動画) 殺処分ゼロを願って

ふと、色々なブログを巡っていて、今話題のニュースや、面白いニュース、注目のニュースなどをサーフィンしていた時

とっても胸に響くおはなし(動画)を見つけました。胸に響く、と言っても感動的なものではなく…どちらかというと、胸に突き刺さる、考えさせられるお話だったんです。

もしかしたら、知っている方もかなりいるかもしれません。

『ある犬のおはなし』 

それでも、私はこのお話を、たくさんの方に知って貰って動物(ペット)の小さな命の尊さを知って貰いたかったのです。

スポンサーリンク




先ずは何よりも、この動画をご覧ください

私は現在猫を飼っていて、犬は飼ったことがありませんが、あるいちペットの飼い主として、考えさせられること、感じることは同じだと思うのです。

今回は、ペットを飼っている方もそうでない方にも、是非読んで、見て、深く深く考えて欲しいと思います。

注:ハンカチかハンドタオルを忘れずに手元に用意してくださいね!

このお話はある犬のおはなしですが、猫を飼っている身としても、身につまされる内容ではありますね。なので、ここでは少し私の飼っている猫についてお話します。

うちにいるリンという猫は、2年ちょっと前に家の近くの、裏道の道路のど真ん中にいたんです。捨てられたか、親とはぐれてしまったのでしょう。

まだ、手のひらに乗るくらいに小さな子猫で、両目は猫風邪にやられて、潰れていたんです。

rin1

旦那さんは、初めこそ少し元気になったら外に放そうと言っていましたが、私は、この子が外では生きていけないことを何となく感じていました。

じきに去勢もして、旦那さんにもべたべたに慣れる頃には、そんなことは言わなくなりましたけどね(笑)

潰れていた両目は、すぐに病院に連れていき目薬をもらったことで、徐々に良くなっていきました。

rinpaspo

暫くしてから、こんなに綺麗な両目になったんですよ。

猫の言葉や気持ちは、手に取るようにわかるとは言えませんが……

この動画のワンちゃんのように、小さい頃の思い出が、うちのリンの心や頭にもあるんだろうな、と思うと、ダイレクトに感じるものがあり、号泣してしまいました。

犬は、猫よりも主人に忠実な性質でしょうから、最後の最後までご主人様を信じていた気持ち、今は、忙しいんだ…いつか迎えに来てくれるよね?

という、儚い気持ち

そんなワンちゃんの心情が伝わってきて、とっても切ないです。

スポンサーリンク


ペットはあなたのアクセサリーではありません、ちゃんと心がある生き物です!

子猫

ニュースをサーフィンしていて、もう一つ見つけたのが、有名な女性で、全身ピンクの装いをして集まるパーティを開いたのですがペットの猫までもピンクに染めた、という記事でした。

その猫ちゃんは、暫くして用済みとばかり他の人の手に渡り…染毛剤による中毒で、直ぐに亡くなってしまったそうです。

小さな小さな命なのに………

酷い話ですよね!

ピンクパーティの席でも集まっていた人たちは、ピンクに染められた猫ちゃんを見て、何とも思わない人たちばかりみたいでしたよ。

本当に、今の世の中狂ってると思います。

うちでは、今のリンを飼う前にはインコしか飼ったことがありませんでした。インコの命は、猫や犬に比べればもっともっと儚いです。

何羽も天国に送り出しましたが、全ての子が、うちの庭に作ったお墓に眠っています。

リンが、亡くなるところなんて想像したくないですが…いつかそんな時が来るのでしょうか。

その時は、出来るだけ遠い未来であってほしいですね。でも、看取らなければならなくなった時には、絶対に後悔しないように、天国に送り出してあげたいと思うのです。

SH3J0295

決して、『ある犬のおはなし』のワンちゃんのような運命には合わせたりはしないでしょう。

こんな考えに、少しでも共感してくださる方がいらっしゃるのなら、これからペットを飼おうとしている方も、是非、小さな命の尊さを心に良く留めて、責任をもって育て切って欲しいと願っています。

こちらの記事も読んでみてくださいね!

スポンサーリンク



コメントを残す